ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新コール オブ デューティが5千円買取り!歴代価格も紹介

  • ガジェット通信を≫

最新コールオブデューティの発売が決定し、歴代のソフトの買取り価格も気になっている方は必見。最新タイトルであれば、5千円で売れるチャンスがあるんです。できるだけ高く買取してもらうためにも、コールオブデューティのタイトルごとに高価買取してくれる店をご紹介します。最新コールオブデューティのソフトを購入するための足しにもおすすめなので、歴代タイトルの買取り価格はチェックしておきましょう。

コールオブデューティーとは?

出典:DeaconBlade 360

2003年から発売開始されたコールオブデューティー。戦争をテーマとしたファーストパーソン・シューティングゲームで、国内では字幕版、吹き替え版の両方が発売される唯一のソフトシリーズとしても知られています。毎年のように新作が発売されているため、買取してほしいと思うタイトルが出てくる人もいることでしょう。コールオブデューティーの買取価格を、最も高く買取してくれる店と一緒にご紹介します。

歴代のコールオブデューティー買取価格をご紹介[PS3ソフト]

(※今回ご紹介する価格は全て2016/10/24時点の買取価格です。価格は毎日変動しています。)

コールオブデューティー3


リバティ鑑定倶楽部 買取価格1,310円
あおば堂 買取価格1,240円
カイトリワールド 買取価格1,230円
コレクション・モール 買取価格1,000円
ビーボタン 買取価格950円

2007年06月14日発売。既に人気タイトルとして定着し始めた2007年頃の発売ソフトの買取価格からご紹介。現段階までの最大買取価格は1,800円でした。1,300円台と徐々に下がり気味ではあるものの、古いタイトルとしては非常に高価買取。売りたいときに売ってもじゅうぶんな価値があります。

コールオブデューティー4 モダン・ウォーフェア

買取ゲート 買取価格360円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格200円
ビーボタン 買取価格190円
カイトリワールド 買取価格190円
コレクション・モール 買取価格100円

2007年12月27日発売。人気タイトルがクリスマス後に発売されたという珍しいタイトルでした。購入者が非常に多い人気ソフトであったこともあってか、買取に出した人も多く相場は非常に下がっています。100円台を切る前に、早めに売ることをおすすめします。

コールオブデューティー モダン・ウォーフェア2

ビーボタン 買取価格70円
コレクション・モール 買取価格50円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格50円
カイトリワールド 買取価格40円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格20円

2009年12月10日発売。モダン・ウォーフェアが人気であったため、2として発売されたタイトル。やはり購入者は多かったことと、クリスマス前であったため、必然的に買取に出した人も増えました。買取価格は100円台を切っており、現在は特に売り時はありません。クーポンやキャンペーンを活用して売りましょう。

コールオブデューティー ブラックオプス(字幕版)

・ビーボタン 買取価格120円
・カイトリワールド 買取価格90円
・コレクション・モール 買取価格50円
・お宝創庫・ファミーズ 買取価格50円
・リバティ鑑定倶楽部 買取価格20円

2010年11月18日発売、字幕版。ゲームソフトの売り上げランキングの上位にランクインし始めたのがブラックオプスから。買取に出した後も、何年か経ってまた買い戻す人もいるほど。買取価格はほとんどの店が100円台を切っており、ギリギリ100円以上で買取してもらえるかどうかというところ。

コールオブデューティー ブラックオプス(吹き替え版)

買取ゲート 買取価格380円
コレクション・モール 買取価格300円
ビーボタン 買取価格180円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格100円
カイトリワールド 買取価格90円

2010年12月16日発売、吹き替え版。字幕版よりは吹き替え版の方が高く売れることが多く、こちらも字幕版に比べるとだいたい4倍以上の買取価格が現在も続いています。ここ最近での最大買取価格は700円であったため、売り時を見計らって売るのもいいでしょう。

コールオブデューティー モダン・ウォーフェア3(字幕版)

買取ゲート 買取価格220円
カイトリワールド 買取価格190円
ビーボタン 買取価格180円
コレクション・モール 買取価格50円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格50円

2011年11月17日発売、字幕版。200円台で買取ってくれる店、50円台で買取っている店と価格に差が出ています。ここ最近の最大買取価格は555円ですので、買取価格の相場は全体的に下がり気味。早めに買取してもらうことが重要です。

コールオブデューティー モダン・ウォーフェア3(吹き替え版)

買取ゲート 買取価格410円
ビーボタン 買取価格190円
カイトリワールド 買取価格190円
コレクション・モール 買取価格100円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格100円

2011年12月22日発売、吹き替え版。クリスマスが迫りつつも、やはり吹き替え版の方が売れていました。中古ソフトとしても、やはり吹き替え版の方が需要があります。最近の最大買取価格は410円であったため、最大価格で買取ってくれる店が出ている今は売り時です。

コールオブデューティー ブラックオプスII(字幕版)

買取ゲート 買取価格680円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格610円
コレクション・モール 買取価格600円
ビーボタン 買取価格510円
ブックセンターいとう 買取価格360円

2012年11月22日発売、字幕版。最近の最大買取価格は1,400円であったこともあり、倍以上相場が下がっています。売りたいと思ったら、できるだけ早めに買取してもらうことをおすすめします。

コールオブデューティー ブラックオプスII(吹き替え版)

カイトリワールド 買取価格1,040円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格1,010円
コレクション・モール 買取価格1,000円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格1,000円
買取ゲート 買取価格950円

2012年12月20日発売、吹き替え版。吹き替え版ということもあり、今現在も需要のある高価買取タイトル。もうそろそろ大幅に相場が下がる可能性も考えられます、早めに買取してもらっておきましょう。

コールオブデューティー ゴースト(字幕版)

ビーボタン 買取価格150円
買取ゲート 買取価格140円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格110円
カイトリワールド 買取価格90円
コレクション・モール 買取価格50円

2013年11月14日発売、字幕版。ここ数年で発売されたタイトルの中では、非常に相場が下がってしまったタイトルです。中古の在庫が多く出回っているため、クーポンやキャンペーンを活用して買取ってもらいましょう。

コールオブデューティー ゴースト(吹き替え版)

リバティ鑑定倶楽部 買取価格260円
ビーボタン 買取価格250円
カイトリワールド 買取価格230円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格200円
コレクション・モール 買取価格50円

2013年12月12日発売、吹き替え版。最近の最大買取価格は600円と、買取相場は下がり気味。購入者が多いタイトルなので、今後も売る人は増えることでしょう。できるだけ早めに買取してもらいましょう。

コールオブデューティー アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)

買取ゲート 買取価格290円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格210円
コレクション・モール 買取価格200円
ビーボタン 買取価格190円
カイトリワールド 買取価格190円

2014年11月13日発売、字幕版。こちらも、ここ数年で発売されたタイトルの中では相場が下がってしまったタイトル。最近の最大買取価格は630円でしたが、日に日に下がっています。できるだけ早めに買取してもらいましょう。

コールオブデューティー アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)

カイトリワールド 買取価格950円
買取ゲート 買取価格830円
コレクション・モール 買取価格800円
ブックセンターいとう 買取価格610円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格580円

2014年12月04日発売、吹き替え版。最近の最大買取価格は1,100円と、1,000円を超える高価買取タイトル。現在は買取価格が1,000円を切る店が増えてきているので、できるだけ早めに買取してもらいましょう。

歴代のコールオブデューティー買取価格をご紹介[PS4ソフト]

コールオブデューティー ゴースト

コレクション・モール 買取価格1,800円
買取ゲート 買取価格1,610円
カイトリワールド 買取価格1,520円
ブックセンターいとう 買取価格1,480円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格1,410円

2014年02月22日発売。PS4バージョンのソフト発売が開始された、1作目にもあたるゴースト。PS4のソフトは中古でも需要が高く、数年前発売のソフトでも1,000円を超えるものが多く、こちらも高価買取してもらえるでしょう。1,800円は相場としても最大価格なのでできるだけ早めに買取ってもらうのがおすすめ。

コールオブデューティー アドバンスド・ウォーフェア(字幕版)

買取ゲート 買取価格720円
ブックセンターいとう 買取価格500円
日本全国買取ドットコムみっけ 買取価格500円
カイトリワールド 買取価格470円
ビーボタン 買取価格380円

2014年11月13日発売。ここ最近の最大買取価格は720円と、PS4のソフトの中では相場が低めのタイトルです。早めに買取してもらっておいた方が良いでしょう。

コールオブデューティー アドバンスド・ウォーフェア(吹き替え版)

コレクション・モール 買取価格1,500円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格1,310円
買取ゲート 買取価格1,280円
ブックセンターいとう 買取価格1,190円
お宝創庫・ファミーズ 買取価格1,000円

2014年12月04日発売。字幕版に比べると、大幅に買取価格が高価。最近の最大買取価格は1,500円であるため、売り時です。迷ったらできるだけ早めに買取してもらいましょう。

コールオブデューティー インフィニット・ウォーフェア(通常版)

お宝創庫・ファミーズ 買取価格5,500円
カイトリワールド 買取価格5,130円
日本全国買取ドットコムみっけ 買取価格4,500円
あおば堂 買取価格3,790円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格2,070円

2016年11月04日発売。コール オブ デューティの中では最新タイトル。最大買取価格は5,500円と、遊び尽くしたと感じたら早めに買取してもらうことで満足のいく買取価格で確実に売れます。発売から2~3ヵ月経つと、相場が千円単位で一気に落ちることもあるので要注意。

コールオブデューティー インフィニット・ウォーフェア レガシーエディション

お宝創庫・ファミーズ 買取価格5,500円
あおば堂 買取価格5,310円
カイトリワールド 買取価格5,130円
日本全国買取ドットコムみっけ 買取価格4,500円
リバティ鑑定倶楽部 買取価格2,900円

2016年11月04日発売。こちらもコール オブ デューティの中では最も最新タイトルです。コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェアにPS4専用ソフトコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタードダウンロード版のプロダクトコードチラシが封入されており、定価に合わせて買取価格もこちらの方が高め。最大価格5,500円で売るには、早めに買取してもらうことが重要です。

今回買取価格をご紹介したウリドキサイトについて

ゲームソフトの買取価格は、毎日のように変動しています。いつどの買取店が最も高く買取してくれるのかは、その日にチェックする必要があり、高く売れると思ったら早めに買取してもらうことを決めることが重要です。

今日のコールオブデューティーの買取価格を知るには、今検索しておきましょう。ウリドキサイトの検索枠に、買取してほしいコールオブデューティーのタイトル、もしくはJANコードを入力してみてください。いくらで買取してくれるかが一目瞭然です。

→ウリドキ検索ページはこちら

他のゲームタイトルの検索はもちろん、トレカ、DVDやブルーレイ、CD、古本、フィギュア、ミニ四駆などの買取価格を調べることも可能です。

コールオブデューティーの相場と高く売るコツ


付属されているものは揃えて

説明書が入っていなければ買取してもらえないだけでなく、店によっては説明書不要のソフトに関しても、購入時に付属されていた「説明書不要」と書かれた用紙を必要とすることもあります。できるだけ購入時に付属されていたものは全て揃えて査定に出すことで、買取金額をアップしましょう。

まとめて複数買取してもらう

特にネットから買取予約できる、宅配買取方法であれば、まとめて複数本買取してもらうことで買取金額がアップするサービスを行う店は多いもの。売る時は、思い切って何本も買取してもらいましょう。

売り時と賢い買取方法

発売日時から、大体2~3ヵ月以内に買取してもらうと非常に高く売れることは確実です。しかし、3ヵ月も過ぎた頃あたりから、一気に相場は下がり始めるので要注意。早めに買取してもらうことが、高価買取のコツであり、売り時でもあります。

そして買取してもらう際は、キャンペーンやクーポンが配布されていないかどうかを確認。そういったサービスを活用するだけで、驚くほど高く買取してもらえることもあります。

コールオブデューティーを高く売ろう!

出典:subarunio

コールオブデューティーは、人気シリーズです。どこのお店でも買取価格は同じというわけではなく、店によっては数千円もの差額が出ることもあるので、その日その日の買取価格を調べて売ることが大切。今回はウリドキサイトを活用して価格をご紹介しました。いざ買取してもらう時、どこの店で売ろうか決められない時は、こういったサイトも活用して、できるだけお得に買取してもらってください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。