ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょっと大人な贅沢を…。一度は泊まりたい!おすすめの憧れ宿【東京】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都会の中心に位置しながら、別世界のような空間が広がる東京の高級宿。一度は泊まってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。今回は記念日や季節のイベントに是非利用したい東京の憧れ宿をご紹介!

まるで美術館のような眺望と内装を持つラグジュアリーホテルや、畳敷きの館内でくつろげる新感覚の高級旅館、東京タワーを間近に眺められるホテルなど、ぜひ訪れたい宿ばかり。

大切な人と一緒に、最上級の空間とおもてなしを楽しんでみてはいかがですか?

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町【東京都千代田区】

「赤プリ」跡地に開業したプリンスホテルの最上級ホテル。

デラックス キングの室内

35階から36階まで吹き抜けのスカイロビーは圧倒的なスケール感

別棟「赤坂プリンスクラシックハウス」内のバー「ナポレオン」(イメージ)

2016年7月27日オープン

「紀尾井タワー」の30階~36階に位置し、美術館のような眺望と内装が一体化したラグジュアリーホテル。芸術性の高いデザインに、プリンスホテルが培ってきたおもてなしの心と機能的なサービスを備える。天空からの眺望が楽しめる250の客室のほか、レストラン、バー、スパも充実。 ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

TEL/03-3234-1111

住所/東京都千代田区紀尾井町1-2

料金/時期により異なる

アクセス/東京メトロ永田町駅、赤坂見附駅より徒歩すぐ

「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」の詳細はこちら

星のや東京【東京都千代田区】

温泉と畳敷きの館内でくつろぐ、東京発信の高級日本旅館。

各フロアに設けられた宿泊者専用のお茶の間ラウンジで、お茶やお酒、軽食がいただける

最上階の露天風呂で都心に湧き出る温泉を堪能

竹素材のクローゼットや障子が特徴的な和室「桜」。畳ソファや清潔な寝具が快適だ

江戸小紋をモチーフにした外観や重箱を重ねたようなデザインは、東京にあるべき日本旅館を演出している

2016年7月20日オープン

国内外の高級宿やホテルを手掛ける星野リゾートが、満を持して東京にオープンした話題の日本旅館。ゲストはエントランスで靴を脱ぎ、畳敷きの館内を自由に行き来するスタイル。客室でくつろぎ、お茶の間で思い思いの時間を過ごし、滞在着の着物を着て皇居散歩など、東京の中心地に位置する日本旅館ならではの過ごし方を追求した宿だ。 星のや東京

TEL/0570-073-066

住所/東京都千代田区大手町1-9-1

料金/1泊1室7万8000円~(ルームチャージ・食事なし)

アクセス/東京メトロ大手町駅より徒歩2分

「星のや東京」の詳細はこちら

コンラッド東京【東京都港区】

夜景を一望するスイートルームでプライベートダイニングの贅を極める。

天井までの窓の向こうに広がる夜景がふたりを包む「デラックスベイビュースイート」プラス5000円で叶う「おこもりスイート」プランのメニュー※月ごとに内容は替わりますレインボーブリッジに灯りが灯る頃、ふたりきりのディナータイムがゆるやかに始まる食事は希望時間にセッティング。ボトルの抜栓もスタッフにお任せ

記念日のゲストにはアニバーサリーケーキの無料サービスも

飲み物や軽食、夜はワインなどのアルコールが無料で楽しめるエグゼクティブラウンジスパ&フィットネスには、25mの室内プールやジムも完備15時~17時はエグゼクティブラウンジでアフタヌーンティーを和柄のコンラッドベアーはゲストへのプレゼント朝食は28階のオールデイダイニング「セリーズ」またはルームサービスでいただける

エレベーターの28階の扉が開くと、天空から差し込む光に満ちた空間が突然現れる。世界各国からのゲストが行き交う華やかなロビーは、1階のエントランスの静謐さと対照的だ。ヒルトングループの最高級ブランド、コンラッド東京での滞在はそんな小さなサプライズから始まる。

チェックインを済ませ、客室フロアに降り立った瞬間にふわりと香るアロマが、一瞬にして非日常の世界へゲストを誘ってくれる。都内屈指の広さを誇るスパ&フィットネス、数々の賞を受賞しているレストランなど、滞在を彩る施設も充実だ。

そんなコンラッド東京の魅力をぎゅっと詰め込んだのが、2016年6月に誕生したスイートルームに泊まってインルームダイニングを楽しむ「おこもりスイート」プラン。各レストランのシェフとソムリエが特別にプロデュースした料理と飲み物、エグゼクティブラウンジとジム・プール利用などを含み、通常のルームチャージとの差額が1名あたり5000円というスペシャルオファーだ。

浜離宮恩賜庭園から東京ベイへと続く壮大なパノラマビューの贅沢な空間で、上質な時間を過ごせるこの体験、とっておきの記念日にこそおすすめしたい。 コンラッド東京

TEL/03-6388-8000

住所/東京都港区東新橋1-9-1

アクセス/電車:都営大江戸線、ゆりかもめ線汐留駅徒歩1分

車:首都高環状線汐留出口降りてすぐ

「コンラッド東京」の詳細はこちら

セルリアンタワー東急ホテル【東京都渋谷区】

宝石箱のような圧巻のパノラマをふたり占めする優雅なひととき。

客室は全て19階以上に配されており、東京の夜景を一望。二人だけのディナータイムを旬の食材を活かしたシェフの心尽くしの料理を味わいたい/写真はイメージ

都心にありながら、周りに視界をさえぎるものがなく、新宿の高層ビル群や東京タワーはもちろん、天気のよい日は富士山まで見渡せるホテル。その眺望を存分に楽しめるよう、客室には大きな窓が配され、夜の訪れとともに、都会が煌きをたたえ始める様をゆったり楽しめる。

こちらのルームサービスは、ホテルシェフが腕を振るうフランス料理や、大正時代から伝統を守り続ける新ばし「金田中」の日本料理、「鉄人」陳建一氏、メディアで活躍の菰田欣也氏率いる中国料理など、多彩なメニューが朝からナイトタイムまでオーダーできるのが魅力。夜景に酔いながら、大切な人とグラスを合わせ、珠玉のディナーをいただきたい。 セルリアンタワー東急ホテル

TEL/03-3476-3000

住所/東京都渋谷区桜丘町26-1

アクセス/電車:JR渋谷駅より徒歩5分

車:首都高渋谷線渋谷出口より5分

「セルリアンタワー東急ホテル」の詳細はこちら

ザ・プリンス パークタワー東京【東京都港区】

東京タワーのライトアップがディナーを彩るキャンドルに。

絶景を目の前に贅沢なディナーを。「ハンバーグステーキフォアグラのせ」は人気の一皿/写真はイメージ東京タワーを臨むパノラミックキングで絶景に乾杯

女性ホテリエチーム考案の記念日プラン限定スイーツ。女性が喜ぶ色々なスイーツが少しずつ楽しめる

「午前0時、東京タワーの灯りが消える瞬間をふたりで見つめたカップルは幸せを手に入れる…。」という東京タワーのライトダウン伝説。そんなロマンチックな会話を楽しめるのが、東京タワー目の前のこちらのホテル。地上33階、603室の客室と多彩なレストラン、都内には珍しい温泉を備える。2015年度のじゃらんアワード「泊まってよかった宿」関東・甲信越エリアの1位(※)に選ばれた都心のホテルだ。

記念日に利用するなら、東京タワー側の客室でプライベート感のあるインルームダイニングを楽しみたい。きらめく東京タワーがキャンドル替わりとなって、ふたりの忘れられない時間を演出してくれるだろう。

※じゃらんOF THE YEAR泊まってよかった宿大賞[301室以上部門](2016年6月29日発表) ザ・プリンス パークタワー東京

TEL/03-5400-1111

住所/東京都港区芝公園4-8-1

アクセス/都営地下鉄大江戸線赤羽橋駅(赤羽橋口)より徒歩2分、JR浜松町駅より徒歩12分

「ザ・プリンス パークタワー東京」の詳細はこちら

京王プラザホテル【東京都新宿区】

南館高層階クラブフロアの「プラザリュクス」に泊まる。

シックな雰囲気の「プラザリュクス・キング」。幅182cmのベッドが快適。大きな窓からの眺望と共に時を忘れて過ごしたいアニバーサリープランはシャンパン付き(写真はイメージ)お部屋でいただく朝食で一日を始めよう

京王プラザホテル南館高層階に位置するクラブフロア「プラザリュクス」は、大人のための上質なリラックス空間だ。アートを感じさせるインテリアの室内には、世界中から選りすぐりのアイテムが配され、柔らかな間接照明と壁一面の特注和紙が作る陰影が美しい。夜景に乾杯するなら最上階のクラブフロア宿泊者専用のラウンジへ。窓際のソファを陣取って、グラスを傾けるのもよいだろう。季節のフルーツやシャンパンを部屋に届けてくれるアニバーサリープランにも注目。せっかくの記念日、遅めチェックアウトを決め込んで、朝食はインルームでゆっくりいただきたい。 京王プラザホテル

TEL/03-3344-0111

住所/東京都新宿区西新宿2-2-1

アクセス/電車:JR他新宿駅西口より徒歩5分、都営大江戸線都庁前駅すぐ

車:首都高速新宿出口より3分

「京王プラザホテル」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

プライベート空間充実!露天風呂付き客室のあるおすすめ宿【全国】
特別な時間を過ごしたい♪厳選!憧れのクラシックホテル【全国】
忘れられない絶景に酔いしれる!一度は泊まりたいおすすめ宿【全国】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP