ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

上野の春の風物詩【【東京・春・音楽祭】が2017年も開催、オープニングはベルリン・フィルによる室内楽

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
上野の春の風物詩【【東京・春・音楽祭】が2017年も開催、オープニングはベルリン・フィルによる室内楽

 13回目を迎える【東京・春・音楽祭】の記者発表が、10月24日に東京文化会館にて行われた。

 【東京・春・音楽祭】は上野公園を中心に開催されるクラシックの音楽祭。2017年は、3月16日から4月16日まで約50の有料公演と、約100の無料公演が行われる。

 オープニングを務めるのは、ベルリン・フィルハーモニーのメンバーによる室内楽。コンサートマスターのアンドレアス・ブーシャッツ、首席チェリストのオラフ・マニンガーらがピアノトリオを披露する。その他、名門ロスチャイルド家の女男爵シャーロット・ド・ロスチャイルドによるコンサートや、NHK交響楽団のホルン奏者ら8人による「HORNISTS8<ワーグナー×ホルン>」など、本音楽祭ならではの個性的なプログラムも。また、2014年から取り組んでいた『ニーベルングの指環』の4作品シリーズは2017年の「神々の黄昏」でフィナーレを迎える。本シリーズで指揮を務めたマレク・ヤノフスキは「この音楽祭ではスクリーンで映像を映し出しながら演奏会形式で『ニーベルングの指環』を上演するという試みを続けており、非常に上手い演出方法だと感心した。来年の3月も、素晴らしい形で完結させたい」と意気込みを見せた。

◎開催概要【東京・春・音楽祭―東京のオペラの森2017―】
日程:2017年3月16日(木)~4月16日(日)
会場:上野恩賜公園(東京文化会館、上野学園石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立芸陽美術館、上野の森美術館)
More info:
http://www.tokyo-harusai.com/index.html

関連記事リンク(外部サイト)

ウィーン国立歌劇場が開幕を控え記者会見を開催、グールド「登場人物の描き方が微細」
東京・春・音楽祭が華やかに幕開け、リッカルド・ムーティ「音楽は絶対に裏切らない」
ピアノの巨人リヒテル生誕100年記念シリーズ、リヒテルに縁のある演奏家が次々と登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。