ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたのいびきの原因を解説! 適切な対処方法とは?

  • ガジェット通信を≫


友人やパートナーからいびきがうるさいと注意されるとショックですよね。他の人はいびきをかかないのに、自分だけどうしていびきをかくのかと悩んでしまう人も多いです。

今回は、いびきの原因や対策についてご紹介します。

要チェック項目

□いびきは気道が狭まることによって発生する

□自身の体調を崩す原因にもなる

□いびき防止グッズは原因にあったものを購入する

いびきがでてしまう仕組み

普段はおとなしいのに、夜就寝すると怪獣のようにいびきをかいてしまう人というのは結構多いです。何故、いびきをかく人と書かない人がいるのか悩む人もいるほどです。

いびきというのは、様々な原因がありますがなんらかの要因によって、喉の気道が狭くなることでてしまいます。

楽器のサックスやトランペットなどの管楽器と同じ原理であり、狭くなった気道に胡弓による空気が通ることで、軌道内にある粘膜が振動して音として発生します。

これが、いびきの仕組みとなります。楽器と同じような仕組みでいびきが発生しているというのはとても驚きですね。

周囲に迷惑をかけてしまういびきなのですが、時に自分自身の首を絞めてしまうようないびきもあるので、できる限りいびきは解消するのが望ましいです。

自分自身にも影響があるいびき

いびきをかくという事は、大なり小なり自分自身の首も絞めてしまいます。軽度ないびきであっても、いびきをすることでしっかりとした睡眠を阻害されてしまいます。

睡眠が阻害されてしまうと、せっかく疲れを取るための睡眠であっても熟睡することができずに、翌日に疲れが残ってしまうことがあります。

また、翌日疲れていないと思っても、少し時間がたてば疲れやすくなってしまったり、眠くなってしまったりといった症状があります。

ですので、軽度であったとしても、日常生活にかなりの支障をきたしてしまう可能性があるのです。

重度のいびきであれば、睡眠中に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群という病気もあります。

睡眠時無呼吸症候群の人は、いびきの音が大きいだけでなく、常に寝不足気味にになってしまうという症状が併発してしまいます。

いびきをかく原因とは

いびきをかく原因というのは多岐にわたります。ここでは、その中でも多くの人が原因となっているものについてご紹介します。

肥満

いびきをかく原因の中でも最も多い原因が肥満です。肥満はお腹につくイメージがありますが、全身についており、喉にもついています。脂肪により喉が狭まっていびきが出てしまいます。

口呼吸

口呼吸が常態化すると、下の根元が喉の奥に落ちてしまいやすいです。そうなると気道が狭くなってしまうのでいびきが出やすいです。

アルコール

アルコールを飲むと、基本的には体が弛緩します。舌の筋肉も同じように弛緩してしまうため、喉の奥に落ちてしまい気道が狭くなりいびきをかいてしまいます。

あごが小さい

意外かもしれませんが、あごが小さいことでいびきをかきやすくなることがあります。睡眠の際に舌をあごの中に収納することができませんので、自動的に喉の奥に落ちてしまい、いびきをかいてしまいます。

いびきをかかないようにするためには


いびきをかく人で、そのいびきを防止したい人にいくつかおすすめできる方法があります。

仰向けで寝ない

舌が喉の奥に落ちやすい人は、仰向けで寝るといびきをかきやすいです。ですので、喉の奥に落ちないように、横向きで寝ると舌の落ちる方向は地面側の頬になります。そうすれば、いびきを防止することも可能です。

就寝前の飲酒をやめる

寝る前によくお酒を飲む人がいると思いますが、眠る直前の飲酒を避けることで、いびきをかく可能性を少しでも減らすことができます。

ダイエットをする

肥満が原因でいびきをかいてしまう人の、対策はとっても単純です。それはダイエットをすることです。ダイエットをすることにより、喉周りの脂肪を減らして、狭くなった気道を元に戻しましょう。

口周辺の筋肉を鍛える

口周りの筋肉を鍛えることで、いびきが改善されることがあります。事実、硬い物を食べない人で、いびきをかく人の割合は非常に高いです。

鍛え方はとっても簡単です。まず声を発しなくていいので、大きく口を「あ」の形にします。次に「い」、次に「う」、そして最後に「べ~」っと大きく舌を出しましょう。

いびき防止グッズの活用も

いびきの根本的な原因を解決するのが最も良いことなのですが、とにかく急ぎでいびきを止めなければいけないという時があると思います。

友人との旅行などが特にそうですね。そんな時には、市販されているいびきグッズを利用するのもいいと思います。

ただし、その際に注意しなければならないこととしては、原因に即したいびきグッズを使う必要性があるという事です。

口呼吸が原因であるのに、マウスピースをしても意味がないなど、誤ったグッズを購入してしまうとお金の無駄になってしまう事もあります。しっかりと原因を理解したうえで購入しましょう。

いびきの原因を理解して解決しよう

今回は、いびきのメカニズムや原因、防止方法についてご紹介させてただ来ました。いびきは周囲に迷惑をかけるだけでなく、自身の体調も悪くさせることがあります。

自分のいびきの原因を特定して、ぜひいびきをなくすことができるよう改善をしていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

枕を高くしちゃ眠れない!? 合わない枕は肩こりを引き起こす!
パートナーのいびきのせいでよく眠れない!……どうすればいいの?!
口呼吸は、百害あって一利なし。口呼吸をやめたい5つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP