ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VAMPS主宰「HALLOWEEN PARTY 2016」神戸で幕開けた妖しく美しいハロウィンの狂宴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

約8千人もの観客を熱狂させたVAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY 2016」が、10月22日、神戸ワールド記念ホールにて今年も盛大に幕を開けた。神戸ワールド記念ホール2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール3日間の計5日間、本格的な仮装をほどこした多数の豪華アーティストが出演する日本最大級のハロウィン・ライヴ・イベントだ。

初日の出演者は、VAMPS、チームしゃちほこ、BREAKERZ、MONGOL800、「ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016 神戸」1位の古城紋、スペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」として明希(シド)、淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)、逹瑯(MUCC)、YUKI(Rayflower、DUSTAR-3)、ROLLY、分島花音が登場した。

宴の先陣を切ったのは完成度の高い仮装姿で現れたBREAKERZ。「神戸のみなさん元気ですか? 一年のうちで最も楽しみにしてるハロウィンがやってきました!」というDAIGOの言葉を合図に熱い演奏を繰り広げ、会場の熱気を上げていく。

続いてあらわれたのは、ハロパ2度目の参戦となるチームしゃちほこ。5人の”怖カワイイ”仮装姿とキュートな歌声に場内もジャンプと声援で応える。

自前の仮装で登場したハロパ初参戦のMONGOL800は、異色の参戦かと思いきや、名曲の数々で観客の心をわしづかみ、やがて場内は大合唱状態に。

お待ちかねのVAMPSはラスベガスばりの演出で登場し、カヴァーを含む最強のライヴチューンを連発。「カモーン、神戸!」と、ハリウッド級に”美かわいい”仮装をしたHYDEが叫ぶと、会場中から悲鳴にも似た大歓声が沸き起こっていた。

ラストは出演者全員が参加してのHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA。今年から新たに始まった「HALLOWEEN QUIZ」で場内を爆笑の渦に巻き込んだ後は、全員でフロアを練り歩きながら客席にお菓子を投げ入れ、観客と共にハロウィンの余韻を楽しんだ。

今年で10回目の開催となる「HALLOWEEN PARTY」は、気合の入った観客の仮装姿も見どころのひとつだが、場内には着替え用スペースが設置され、現地で仮装ができるうえ、フードスペースやアトラクションもあり、開演前からハロウィン気分を満喫できる。ライヴの合間には、メンバーのお眼鏡にかなった仮装をした観客が、ステージでファッションショーを行なうなど、観客も一体となって楽しめるのも「HALLOWEEN PARTY」の大きな魅力だ。

本日の神戸2日目のHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAには、昨年ライヴアクトで出演したMY FIRST STORYのヴォーカルHiroが、札幌から駆けつけ出演する事が発表された。10月28日・29日・30日の計3日間にわたり開催される幕張メッセ公演でも、何が飛び出すか分からない「HALLOWEEN PARTY 2016」を楽しみにしてほしい。

撮影:今元秀明、田中和子
文:早川加奈子

関連リンク

VAMPS OFFICIAL WEB SITEhttp://www.vampsxxx.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP