ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根駅伝予選会 中央大1年生主将の「魂の挨拶」全言掲載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 王者・青学大が優勝した出雲駅伝の5日後に行なわれた箱根駅伝予選会──そのドラマを、誰よりも現場に足を運ぶウェブメディア「EKIDEN NEWS」の主宰者である「博士」こと西本武司氏がレポートする。また、箱根駅伝への87回連続出場を逃した直後の中央大学の1年生主将・舟津彰馬の「魂の挨拶」を全言紹介しよう。

 * * *
 10月15日、箱根駅伝予選会の20kmレース直後、11位で予選落ちした中央大の選手たちは無数のカメラに取り囲まれていた。

 大正時代から続いた連続出場記録が87回で途絶えたことは大きく報じられ、今年7月に1年の舟津彰馬が異例のかたちで主将に抜擢されていたことも、各種メディアで紹介された。

「1年に主将は無理。チームもまとまらなくて予選落ちしたんだろ」──そんな声も聞こえてくる。

 断言しよう。全く違う。そう思っている人たちに言いたい。“そこに一列に並べ。ビンタするぞ”と。舟津が主将になる前、中央大はどんな状態だったか。

 6月の全日本駅伝予選会では20校中17位で敗退。神奈川大と創価大が故障者を出して棄権しているので事実上、“下から2番目”だった。箱根予選会に換算すれば、6月時点では15位程度の実力しかなかった。その中央大がわずか3か月で今回、10位の日本大に44秒差まで迫ったのである。

 立て直しの立役者が舟津だった。もともと中距離(800m、1500m)が専門でありながら、今回の予選会20㎞では学内6位。リザルトを見ると仮に舟津がいなければチーム全体で2分以上タイムが悪くなっていた計算になる。

 しかも、わずか1か月前の日本インカレ1500mで舟津は2位に入った。これがどれほど凄いことか。スパイクを履く中距離とマラソンシューズで走るロード20kmは、同じ走る競技ではあるが、フォームもトレーニングも違う。それでも舟津は結果を出し、チームを引っ張った。

 箱根予選会では他の選手が踵までの靴下を履く中、舟津だけがスネの下まであるソックスを履いていた。あれは「ナイキエリート2.0クルー」と見受けた。不安のあるロードで、足首やアキレス腱がよりサポートできる靴下を選んだのではないか。いや、そうに違いない。

◆「自分に全てぶつけてください!」

 そうして力を尽くした舟津が予選会敗退後、OBたちを前に話した「魂の挨拶」を全言掲載したい。上級生たちはうつむき、ハチマキがトレードマークの4年エース町澤大雅が「すいませんでした」と叫ぶ。絶望感が漂う空気の中、舟津はマイクを取ることもなく話し始めた。

「最初に、多くの応援をいただき、本当にありがとうございました! 多くの沿道の声援が選手の力となり、予選通過とまではいきませんでしたが、しっかりと変わった姿を見せられたと思います。

 自分が主将になって、先輩方に迷惑をかけながら3か月間、しっかりやってきました。先輩方も自分をサポートして下さいました。試合を見て頂いてもわかる通り、中央大学が『前に出てレースを作る走り』、『しっかりと貪欲にタイムを狙っていく走り』、見て頂いたと思います。11位という、あと一歩の順位で本当に申し訳ありませんでした!」

 普通ならここで終わりだが、舟津は違う。

「この夏、多くの課題を持ってやってきました。外部から、心ない声や、“本当に今年大丈夫なのか”と多くの声を頂きました」

 一瞬だけ顔を歪めた後、舟津はトーンを上げた。

「でも自分たちは“やれる”と思いながら、今までやってきました。それに対しては誰も文句は言えません!」

 取り巻くOBたちから目を逸らさない。

「もし、先輩方に文句を言うような人がいれば、自分が受けて立ちます。自分に全てぶつけてください! 先輩に心ない声や、そんなことを言うような人がいれば、自分は許しません!」

 深呼吸をひとつする。

「確かに外の人から見れば、自分たちの頑張りが足りなかったから、予選通過ができなかったと。それは否定できません。自分たちの頑張りが足りなかったからこそ、こうやってあと1つのところで、(本戦出場を)逃してしまったと、自分たちでもわかっています」

 もはや、舟津に涙はない。

「走る姿を見て頂いた通り、本当に変わってきたと思います。自分が1年生主将で、本当に悔しく思った先輩もいると思います。でもこうやってついてきてくれて、全員で走れたということは、これから自分の人生や先輩の人生にとっても大事になってきます。逆にここでの敗北を忘れてしまうと、人間としても、選手としても、成長できません。自分たちは、この日のことを忘れるわけには行きません! 忘れるつもりもありません!」

 一瞬の沈黙。

「これからまた、新しい時代が始まりますが、ぜひ、変わらぬ応援をよろしくお願い致します」

 舟津が話し終わると万雷の拍手に包まれた。“不甲斐ない”というOBたちの空気は“来年が楽しみだ”に変わっていた。

 企業に置き換えれば大正時代から続く老舗企業の業績不振会見という炎上必至の状況で、逆風を追い風に変えてみせたようなものだ。

■PROFILE/西本武司:1971年福岡県生まれ。メタボ対策のランニング中に近所を走る箱根ランナーに衝撃を受け、箱根駅伝にハマる。そのうちに、同じような箱根中毒の人々とウェブメディア「駅伝ニュース」を立ち上げる。本業はコンテンツプロデューサー。ツイッターアカウント名は「公園橋博士」、相棒は「マニアさん」(アカウント名「EKIDEN_MANIA」)

撮影■EKIDEN NEWS

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
箱根駅伝の関係者ら 「中止」という言葉に敏感になっている
箱根連続出場は87年で途切れるのか? 中央大の大一番
箱根駅伝を10倍楽しむ検定 日女体大に出場資格はあるか?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。