ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleドキュメントのアプリにタスクを割り振ることのできるアクションアイテム機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の文書作成アプリ「Google ドキュメント」と「Google スプレッドシート」がそれぞれアップデートされ、新たにアクションアイテムの作成に対応しました。アクションアイテムとは、共同編集中の文書に付けたコメントを利用して、別の共同編集者にタスクを割り振ることのできる機能です。アクションアイテムはコメント欄で「+」または「@」に続けて Gmail アドレスまたは名前のユーザー名を指定すると設定できます。新たに表示されるようになった「割り当て先」にチェックを入れると、そのコメントが誰宛のものなのかを他の共同編集者が確認することができるほか、割り振られたユーザーには編集が要求された文書や対応が必要な文書の通知が届きます。今回はドキュメントとスプレッドシートに追加されましたが、スライドもアクションリストに対応する予定です。「Google ドキュメント」「Gogole スプレッドシート」()

■関連記事
Gleaner、Y!mobileの携帯回線を利用した法人向けのMVNOサービス「Gleaner Mobile」でVoLTE対応の「カケホーダイSIM」を提供開始
ダズル、ハンバーガーショップのワンオペをシミュレーションできるHTC Vive用ゲーム「OneManVurgeR VR」をリリース
「ポケモン Go」のAndroidアプリがv0.43.3にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP