体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VOL.30 イェソンさん(SUPER JUNIOR)×佐々木希さん

VOL.30 イェソンさん(SUPER JUNIOR)×佐々木希さん

日本でも大人気の世界中で活躍するマルチエンタテインメントグループSUPER JUNIORのイェソンさんと、日本が誇る美貌の持ち主・佐々木希さんが、まさかの映画部に降臨!!! 初共演&W主演の映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』について、たっぷり語っていただきました。

—-イェソンさんは日本語を、佐々木さんは韓国語を勉強して挑んだ本作。撮影を終えてのご感想は?

佐々木希さん(以下、敬称略)「撮影も後半になるにつれ、あんなに練習して、毎日のように聞いていた韓国語との日々も終わってしまうんだなぁって、少し寂しい気持ちになりました。普段もずっと韓国語を話していましたし、とても愛着が湧いていたんです」

イェソンさん(以下、敬称略)「僕にとって日本の文化は、子どもの頃からのロマンであり夢。『ドラゴンボール』や『スラムダンク』など日本のいろんなアニメや漫画を見て育ってきたので、いつしか日本語という言葉からも刺激を受けていました。今回の撮影は、僕にとっては本当に新しい経験になりました。文化の違いなど難しい点もありましたが、すべてのことを楽しんだつもりです」

—-とても仲のいい雰囲気のおふたりですが、打ち解けたきっかけは?

佐々木「会った初日から”オッパ”(韓国語で「お兄ちゃん」の意味で、年上の男性に使う呼び方)って呼んでって言ってくれて、甘えちゃってもいいんだ!って。本当に大人気の方なので、そういう方って普段カメラが回っていない時は無口なのかな?っていうイメージがあったのですが、実際にお会いしてみるとすごく気さくに接してくださって。海外でのお仕事は言葉の壁もありとてもエネルギーが必要だし、不安もいっぱいだと思うのですが、そんな中でもスタッフの方を気遣ったり、私にもしっかり向き合ってくださって。さすがオッパだな!って思いました」

イェソン「僕にとっては、日本の俳優・アーティストの方とコミュニケーションをとること自体が初めてで、果たしてどんな感じなんだろうかと心配もあり、期待もありました。でも佐々木さんとお話しして、国籍は違ってもやっぱり人は人なんだと実感しましたね。普通の女の子のような一面も持っていて、自分にとっては妹のような感じで。本当に気さくで素直で、そして純朴なところがあるんです。休みの日は何をしているの?って聞いたら、工房で陶芸をしているよって。すごくチャーミングな方だなと感じました」

—-佐々木さんはシングルマザー役ですが、ご自身と役柄がリンクするような部分はありましたか?

佐々木「私が演じたさくらという役は、母親として女性として、強くて芯があり、愛情深くて子どものためならなんでもするという、たくましい女性。私自身は結婚も出産も未経験ですが、そういう強さや愛情深さは私の母とちょっと重なるなと思って演じていましたね。」

ikinarisensei_sub3.jpg佐々木希さんが演じる、沖縄暮らしのシングルマザー・さくら。(映画『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』より)

—-イェソンさんはひょんなことから沖縄の語学学校で韓国語を教えることになった御曹司・ヨンウンを演じています。

イェソン「ヨンウンってちょっと抜けているところがあるんです。なので、ところどころに楽しめる要素を詰め込んでいます。たとえばさくらと首里城を歩くシーン。さくらの後ろを歩いていくんですが、雨で水たまりができていて、濡れないようにつま先でちょこんちょこんって変な歩き方をする、そんなアドリブを入れてみたり。ヨンウンだったらきっとこんな歩き方をするんじゃないかなって、思いついたんです。自分の周りにもこんな人いるなって感じで見てもらえると思いますし、非常に素朴でかわいいキャラクターを表現したいなと思って演じたので、多くの人にみてほしいです。また、ファンの皆さんには、普段はお見せしていないまた別の姿を見ていただけると思います!」

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。