体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

転職エージェントは、本当にスゴ腕なのか!?──偽エンジニアを見抜けるか試してみた

敏腕ヘッドハンターって、本当に敏腕なの!?

こんにちは。ヨッピーです。

突然ですが「CAREER CARVER(以下、キャリアカーバー)」という、リクルートが提供する転職サービスのPRを担当することになりました。

キャリアカーバーはハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスで、なんでもレジュメを登録すると、敏腕ヘッドハンターがハイクラスの求人を中心に紹介してくれるとのことです。

そこで僕は思いました。

敏腕ヘッドハンターって、本当に敏腕なの!?

キャリアカーバーでは転職エージェントごとに得意にしている業界があり、そういった業界の状況や求人情報に精通した人が実際にアドバイスに乗ってくれるとのことなのですが、本当に業界に精通しているかどうか怪しい…。

そこで、今回は「ITエンジニアの転職」を想定し、転職エージェントが偽エンジニアを見抜けるかどうかを試してみます!

転職エージェントからの出場者紹介

キャリアカーバーの転職エージェント、高野秀敏さん。

人材総合サービス・インテリジェンスで人材紹介事業の立ち上げに携わり、転職サポート実績では、通算最多転職サポート実績を記録。マネジャー、人事部を経て、2005年1月、株式会社キープレイヤーズを設立。著書に『セカンド就職のススメ』、『絶対に後悔しない転職先の選び方』など。

キャリアカウンセリングによって適職へと導いた人材は3500名超、キャリア講演回数は100回以上に達する(※人数・回数は最新情報に更新する)。

今回の企画にあたって「面談をする3人の内1人が偽エンジニアであること」は告知済み。

ただし、高野さんは通常の面談でするような質問しかできないルールで実施します。

例えば「AWSって、何の略ですか?」のような、踏み絵的な質問は禁止!事前のレジュメ提出も禁止なので、あくまで通常の面談のみで判定していただきます

面談を受けるエンジニアチーム

伊藤直也さん。

ニフティ、はてな、グリーを経て現在は株式会社一休のCTO。

エンジニア界隈の有名人なので、本当に業界に精通しているのであれば顔を見れば一発でわかるはず。ある意味では初心者向けのサービス問題

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。