体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相方に敬語を使うビートたけし

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

ep065

相方に敬語を使うビートたけし

オードリー若林です。

 

僕、昔、「そっくり館キサラ」っていうショーパブに、前説として出演してたんです。

 

キサラって、いろんなモノマネ芸人の人いるんですけど、 たけしさんのそっくりさんで、「ビトタケシ」って人がいまして。

 

ある時、本物のビートきよしさんが来て、ビトタケシさんと組んで、 「Cビート」ってコンビで漫才をやることになったんですよ。

 

ビトタケシさん、ビートたけしさんにも憧れてるし、ツービートにも 憧れてるし、本物のきよしさんだし………

もう、緊張してるんですよ。

 

で、 「Cビートです」 って出て行ったら、本物のきよしさんが出てきたので、客はもう大盛り上がり。

 

で、本物のビートたけしさんは、きよしさんに厳しくつっこんだり、 いじったりするじゃないですか。

 

ビトタケシさんなんですけど、きよしさんを尊敬してるからでしょうね。

突っ込むのに 「きよしさん、バカヤロー」 「きよしさん、コノヤロー」 って、 突っ込んでて………

 

終わる時も 「いーかげんにしてください

 

楽屋帰ってきて、ビトタケシさん、きよしさんに 「“さん“、つけちゃダメだろ!!」 つて、ダメ出しされてた(笑)

 

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。