ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

杉咲花、中野監督との衝撃的な出会いとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「CAFE TALK」。この週は、10月29日(土)に公開される映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の監督・中野量太さんと、安澄役の杉咲花さんとのトークをお届け。10月24日(月)のオンエアでは、2人の“衝撃の出会い”について語られることになりました。

杉咲:私が前に出演していた映画の試写会で、監督が隣の席だったんですよね。

中野:そうなんです。「湯を沸かすほどの熱い愛」は、安澄って役だけは花(杉咲さん)を当て書きして書いて、オファー出してOKをもらってて。僕は『いつ会えるんだろうなあ』と思っていたんですが、撮影がまだ先だからだいぶ後になるかな…と思っていたら試写で会ったんだよね。なんて声かけたんだっけ?

杉咲:多分「『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野です」…

中野:…って言ったら『はぁ?』みたいな顔されて(笑)

杉咲:(笑)。最初、『ちょっとその映画見たことない!』って思ったんですよ。私の知らない映画を過去に撮られていて、ご挨拶してくださったんだと思って。本当に何のことか分からなくて、私、次は宮沢りえさんが主演の映画に出るっていうことしか聞いてなくて、タイトルとかストーリーとか、もちろん監督のお名前もまったく知らなかったんでびっくりしました。

…と、少し不思議な出会い方をした中野監督と杉咲さん(笑)。しかしその時に、中野監督はそれまでの作品を杉咲さんに渡し、杉咲さんはそれを見て非常に感動。中野監督の映画に参加できることがすっかり楽しみになったそうです。

そうして迎えた撮影日。少し悩んでいた杉咲さんに、中野監督が行なった“ある環境づくり”に、杉咲さんはまた感動したそうで…

杉咲:安澄を演じるのに『一人だけでは頑張れない…』て思っていた時に、現場入りする前に監督から『家族になって欲しいんだ』ということを言われて。言われてから(宮沢)りえさん演じるお母ちゃんと、伊東蒼ちゃん演じる鮎子の3人でアドレスを交換し合って、毎日メールして、1日1枚写真を送り合って。私たちはりえさんのことをお母ちゃんって呼んで敬語をやめる…という環境を監督に作ってもらえるのは本当にありがたいことだったんです。そういう環境を作ってもらえることって、なかなか無いと思うんですよね。

中野:でも僕は絶対それをやりたいんだよね。

と、お互いの信頼関係が垣間見えた初日のトークとなりましたが、2人のトークは木曜日まで続きます。25日(火)は2人のマイブームが語られるそうですので、どうぞお楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時―11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP