ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広岡達朗氏 二刀流で大谷を大活躍させる周囲が情けない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今季の大谷翔平(22、日本ハム)の活躍は、球界の大物OBたちも高く評価するものだ。本誌・『週刊ポスト』10月7日発売号では、大谷の来季年俸はいくらが適正かを分析していったが、球界OBたちはどんな“査定”をするのか、聞いていった。

 カミソリシュートで巨人キラーと呼ばれた平松政次氏は今季の大谷の年俸2億円を「安すぎる」と断じる。

「私の現役時代も怪物はたくさんいたが、165キロを投げて、しかも制球力もあるんだから規格外です。今季もシーズン途中で右手のマメをつぶしていなければ、沢村賞候補だったでしょう。投手に専念すれば20勝、打者に専念すれば山田哲人(24、ヤクルト)、柳田悠岐(28、ソフトバンク)のようにトリプルスリーが狙える。今季が投手として1億、野手として1億という評価額だったとすれば、来年は両方3倍にして年俸6億円でも安いかもしれないね」

 辛口評論で知られる江本孟紀氏も、同様に「6億円でも安いくらい」と評す。

「日本ハムの優勝に対する貢献度からいえば最低でも3倍でしょう。本来、選手の査定は成績がベースになるもの。その点、大谷は投手としても打者としても規定(投球回数・打席)に達しておらず、打率や防御率のランキングに名前が出てこない。それなのに年俸をそこまで上げていいのか、というケチをつけられないこともないが、とにかく誰が見ても化け物という活躍ですからね。

 大谷が投手に専念すれば中4日で回して40勝はできると思う。中3日でも潰れないのでは、と思わせるほどの体力もある。打者に専念したら? ホームラン50本以上打てるんじゃないか」

 一方で、「もちろん素晴らしい選手だが、今のままでは中途半端」と、辛めに評価するのは、球界のご意見番こと広岡達朗氏である。

「顔もいいし、背丈もある。人気が出て当然でしょう。ただ、規定に達していない以上、本当の二刀流といえるのかどうか。165キロもバットに当てられている。教えられる指導者がいなくて素質だけでやっているから、球に伸びがないのでしょう。それにしても、二刀流で大活躍させる周りの他の選手が情けないですよ。

 そもそも、今の選手の年俸はみんな高すぎる。投手なら20勝を3年続けて初めて大金を手にできるくらいでちょうどいい」

 たしかに、“年俸を上げすぎて翌年の成績が全然振るわない”という例は少なくない。ただし、大谷の場合、今後はメジャーとの争奪戦が視野に入ってくることを忘れてはならない。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年11月4日号

【関連記事】
大谷翔平 「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声
大谷翔平の二刀流 否定派も「認めざるを得ない。凄い」
大谷翔平 巨人のコスト感なら10億払ってもいい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP