ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫正義のジャパニーズドリーム実現 韓国での受け止め方は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 佐賀県・鳥栖の朝鮮部落に生まれた孫正義は、裸一貫で時価総額8兆円の巨大帝国を作り上げた。在日が実現した「ジャパニーズドリーム」は、祖国・韓国ではどう受け止められているのか。『あんぽん 孫正義伝』著者の佐野眞一氏がレポートする。

 * * *
 経営者・孫正義の真髄は、米でヤフー、中国でアリババを発掘した投資眼に尽きる。孫が世界各国の人材やベンチャー企業を発見する様は、未掘の金鉱探しのようにも映る。

 だが、孫の関心が母国・韓国に向いたことは少ない。財閥中心の閉鎖的な韓国経済に、孫の心をくすぐる宝は埋まっていないのか。それとも、祖国に対する複雑な感情が投資意欲を鈍らせるのか。

 一方、韓国人は孫をどう見ているのか。5年前、『あんぽん』取材の途次に訪れたソウルで、孫の評判を聞いてみた。皆、成功者として認識してはいるものの、彼らの口ぶりから熱気を感じることはなかった。ある韓国の企業人は孫が「在日」だから誇らしいのではなく、世界的成功を収めた孫が「韓国にルーツを持っていること」が誇らしい、と言った。この言葉を聞いた時、やれやれ、歴史観を消失してしまったのは日本人だけではなかったんだな、と私は胸の内でつぶやいた。

 私が初めてソウルを訪れた40数年前、今でこそ韓国の銀座といわれる明洞(ミョンドン)は、ひどく薄暗かった。街はマニラやバンコクなどと共通するアジア特有の不気味な埋蔵量を感じさせたが、外観はおよそ垢抜けていなかった。金浦空港を出るなり、突然声をかけてきた少年が今でも印象深い。

「日本の新聞、十円だよ」

 思わず買うと1か月前の新聞だった。顔をあげるともう少年は、風のように消えていた。当時、韓国はまだ貧しかったが、「在日」にまとわりつく悲哀を、国民全員が共有していた。

 私が生まれた東京・下町の在日韓国人が言った言葉が忘れられない。「美空ひばりは韓国人だ。あんなに歌のうまい日本人がいるはずない」。この話が真実かどうかに興味はないし、詮索してもあまり意味はない。ただ、在日という宿命を背負った人間の「都市伝説」信仰の根深さに圧倒された。

 だが、漢江(ハンガン)の奇跡といわれた1960年代の驚異的高度経済成長や1988年のソウル五輪の開催に伴い、この種の話をする者はほとんどいなくなった。とりわけ、1990年代末の通貨危機を乗り越え、今や日本に対等に物を言うようになったこの国では、対馬海峡を命からがら渡った末に、炭鉱夫や土方といった重労働に就いた在日の物語は、完全に忘却されてしまった感がある。

 そのくせ従軍慰安婦問題はいつまでもトラウマとして突き刺さっている。こうした矛盾した現実に異様なものを感じながら、私は孫の父方の祖父の生まれ故郷の大邱(テグ)に足を運んだ。

◆「金くれちゅうこっちゃろが」

 大邱に到着して、まず向かったのは、市の中心部に近い雑居ビル群の中にある「一直孫子会館」だった。ここは、朝鮮半島南東部に位置する慶尚北道(キョンサンプクト)・道庁所在地の安東市をルーツに持つ「孫一族」の氏子集団の親睦を目的として作られた。事務所を訪ねると、10人ほどの老人が一斉に立ち上がり握手を求めてきた。全員、「孫氏」である。

「孫正義は一族の誇りです」

 事務局長の孫在出(ソンジェチュル)が顔を紅潮させながら言う。応接室の書棚に眼をやると、孫正義関連の本がズラリと並んでいた。孫在出は、自慢げに簡易製本された「一直孫氏」の家系図を広げた。大邱一帯には、孫一族が約3万人おり、孫正義は、25代目にあたるという。

「直接手渡そうと思って作ったが、どうやら彼は忙しいらしい。日本に帰ったら正義に渡してほしい」

 そこを辞去して大邱の郊外ののどかな農村を訪ねた。ここは正義の祖父の孫鍾慶(ソンジョンギョン)が住んでいたところである。孫の遠縁にあたる男に話を聞くことができた。

「孫鍾慶の家は代々、米を作っていましたが、近くに日本軍の飛行場ができたため、農民が土地を奪われた。そこで鍾慶は仕方なく日本に出稼ぎに行ったんです」

 日本で鍾慶は正義の祖母・李元照(イウォンゾ)と出逢い、その後、正義の父・三憲(みつのり)を含めた4男3女をなした。鍾慶は戦後、子供を連れて一時大邱に戻ってきたという。

「だが祖国は荒廃し、仕事はなかった。鍾慶一家は一年滞在しただけで、日本に戻りました。そのとき彼らが住んでいた家はもうない。朝鮮戦争が始まると、今度は米軍が日本軍から接収した飛行場を拡張するために、この一帯の家を取り壊した」

 田畑は日本に、家は米に接収された。孫正義は日米韓の悲しい歴史の狭間で産み落とされた男だった。

 最後に孫家の墓所に行ってみた。墓所では地元職員や記者らしき人間が待ち構えていた。私も様々な取材をしてきたが、こんな“VIP扱い”されたのは初めてである。しばらくすると黒塗りのハイヤーまで到着し、ますます芝居じみてきた。車から下りてきた男は、ハンナラ党(現セヌリ党) の地元区長だという。

「私は孫社長の故郷が大邱と知って以来、地域の人と孫家の墓所の草むしりをしている。彼は世界的人物だが、どんな有名人でも故郷は大切だ。ぜひ彼の故郷訪問を実現させてくれないか」

 これほど露骨な有名人へのすり寄りは、いっそ微笑ましかった。だが、翌日の大邱の新聞に、「孫正義会長取材陣、大邱到着」という仰々しい見出しが付けられたのには絶句した。

 記事には、「大邱市では、孫会長が故郷を訪問する場合、曾祖父の墓から大邱空港までの道路を『正義路』と名付け、盛大に歓迎する」といった孫の遠縁の言葉まで紹介されていた。

 田舎政治家らしいパフォーマンスといい、「正義路」という臆面のないネーミングといい、冷淡なソウルの反応と対照的な熱の入れようである。これだけのラブコールがあれば、孫の故郷訪問も近いのではないか。そのときは一瞬そう思った。

 帰国後に孫正義の父・三憲にこの話をすると、「どうせ金くれちゅうこっちゃろが」とニベもなかった。三憲が、パチンコ業で財をなしたとき、故郷から数千万円の無心があったという。三憲の口ぶりからは、韓国人に在日がどんな辛い思いをして金を稼いできたかわかるか、という口惜しさがストレートに伝わってきた。孫正義の故郷訪問に対しても、大邱の地元企業への投資を期待していた可能性が高い。

 これだから朝鮮民族にはかなわない。別に悪口でいっているわけではない。孫のことをあるときはクールに、あるときは故郷の英雄のように祭り上げ、その裏でこっそり金をせびる。

 これが中国大陸にへばりつき、海のすぐ向こうに日本という経済大国を望むという地政学的な悪条件の下で、数多の試練を乗り越えてきた彼らの強さの原動力となっているのだろう。

 ただ、一点気になるのは、彼らが僑胞(キョッポ、*)の歩んだ苦難に無関心な点である。アジア一の経営者となった孫正義の光の部分ばかり注目し、その影を見ようとしないのは、虫が良すぎる。歴史を忘れた民族は、いつかしっぺ返しにあうことを肝に銘じなければならない。

 この教訓は、無論、日本と日本人も例外ではない。

(*在外韓国人の韓国側の呼び方)

※SAPIO2016年11月号

【関連記事】
編集者は見た! 孫正義が故郷・韓国に暮らす親戚写真見て涙
孫正義氏 「社員は私がツイッターすると緊張するようだ」
差別を体験してきた孫正義氏 福島放射能差別について意見

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP