ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂の新型ゲーム機 成否のカギは「発売2週間で50万台」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コードネーム「NX」の名で長らく開発が続けられてきた任天堂の新型ゲーム機が、ついにお目見えした──。

 10月20日深夜に同社がホームページ上で公開した映像には、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の正式名称とともに、グレーのBOXタイプの本体が登場。外国人の若者らが自宅でテレビにつないだり、画面がついた携帯型パーツを取り外し、移動中のクルマや飛行機などで楽しそうにゲームに興じるシーンが多数映されていた。

 来年3月の発売予定を心待ちにしていた任天堂ファンやコアなゲームユーザーにとっては、一層期待が持てる発表になるものと思われていたのだが、株式市場の評価は冷めたものだった。翌日の東京株式市場で、任天堂の株価が前日比7.1%安の2万5025円と1か月半ぶりの安値をつけてしまったからだ。

 市場関係者の間からは、

〈これまでにないまったく新しいコンセプトのゲーム機と宣伝されていた割には、公開映像を見る限り、ゲーム業界の流行りであるVR(仮想現実)機能に対応しているかどうかも不明で、さほど驚きはなかった〉

〈ハード機の本体価格やゲームソフトの目玉タイトルが発表されなかったので、ゲーム専用機としてどこまで人気が出るかは不透明〉

 といった悲観的な声が相次いだ。エース経済研究所アナリストの安田秀樹氏は、こんな指摘をする。

「発売日がゲーム業界でもっとも繁忙期といわれる今年のクリスマス・年末商戦に間に合わなかったということもあり、当面は任天堂の主要顧客である子供やファミリー層よりも、保守的なゲームマニアに集中して売りたい思惑があるのでしょう。

 そのため、紹介映像では従来のゲーム専用機の延長線上であることを強調しつつ、外出先でもモニターから切り離し可能なコントローラーで、本格的にゲームが楽しめる仕様や操作性をアピールしたのだと思います」

 とはいえ、マニアに広めただけでは、ゲーム専用機市場の拡大は望めない。なにしろ家庭用ゲーム機市場は近年低迷を続け、ハード機+ソフトの国内市場は3302億円にとどまっている。その一方で、スマホ向けゲームアプリ市場は9989億円と1兆円の大台に迫る。

 任天堂も時流に逆らってばかりはいられないと、昨年4月にDeNAと資本・業務提携をしたのを皮切りにスマホゲームに参入。今年はスマホゲーム「ポケモンGO」の熱狂的ブームを仕掛けたり、12月にはiPhone向けに「スーマーマリオブラザーズ」の新作「スーパーマリオラン」の配信を発表したりするなど、“スマホ戦略”を加速させている。

 もし、販売台数が振るわない「Wii U」の後継機と位置付けた「ニンテンドースイッチ」までコケてしまえば、ハード機の売れ行きを収益柱としてきた任天堂のビジネスモデル自体も転換を迫られる事態になろう。

「過去に販売したゲーム機の傾向をみていると、国内発売から2週間で50万台以上売るスタートダッシュがかけられない機種は、その後の浮上も見込めずハード機ビジネスとしては失敗に終わっています。まずはスイッチも50万台の壁が破れるかどうかが成否のカギとなるでしょう。

 ただ、ここ最近の『ポケモンGO』ブームや“安倍マリオ”効果のおかげで、任天堂のIP(知的財産)に対する認知度は世界中で高まっています。そうしたIPの強さを活かしてゲーム専用機の魅力を改めて広めることができれば、商売としてはまだ十分に成り立つと思います」(前出・安田氏)

 果たして、任天堂はスマホゲームに奪われたゲーム専用機の需要を取り戻し、再び業績寄与の好循環へと“スイッチ”させることができるのか。厳しい環境下で乾坤一擲の大勝負に打って出る。

【関連記事】
ゲーム市場のソニーと任天堂 成功体験に縛られ取り残される
任天堂スマホゲーム進出 「儲けは二の次」の狙いを識者解説
任天堂・岩田社長 滅多に飲み歩かず何よりゲーム好きだった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP