ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大ヒット曲歌う桐谷健太が語る音楽と木村拓哉への感謝

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)に出演中の桐谷健太(36才)。俳優業だけでなく、auのCMキャラクター・浦ちゃんのCMソングが世代を超えて大ヒットするなど話題の桐谷に、俳優、そして音楽について聞いた。

 * * *
 auさんのCMで浦ちゃんをやったことで、本当に幅広い世代のかたに応援していただけていることを強く実感しています。公園でボーッとしていたら小学生に「浦ちゃん、髪切ったの? なんで切ったの~?」って声をかけられて、かわいいな~と思ったり。70代や80代のかたから、「人生初のファンレターです」とか「『海の声』を聴いて心が震えました」と手紙をいただいたりして本当に嬉しいです。

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の特別編で(木村)拓哉さんと『海の声』をセッションさせていただいたときも、周りの反響がすごかったです。あれは、本当に一発撮りだったんです。以前、ドラマでご一緒させていただいているので、気兼ねもなく、本気で楽しんでできました。拓哉さんは『海の声』を大好きでいてくださって、『海の声』はもちろん、アルバム曲の『喜びの歌』もご自身のラジオ番組で流してくださったんです。ぼくの背中を押してくださる先輩の1人ですね!

 音楽は常にそばにあったというくらい子供の頃から大好きでした。今思えば、“音楽家族”だったんやな~と思います。おとんはシャンソンをよく歌ってたし、おかんと兄貴はギターが弾けるんです。子供の時には寝る前に、おかんがモーツァルトを流してくれて、そのまますーっと眠りに入る感覚が好きで。別に英才教育とかではなく(笑い)、単におかんが好きだったからかけてくれていたんですけどね。音楽は大好きだったけど、職業としては幼い頃から俳優になりたいとブレずに思っていたんです。

 役者をやりながら、音楽活動をすることに対するプレッシャーはないです。音楽がめっちゃ好きという気持ちが自分のなかにあるから、たとえば歌番組に出演するときにも、俳優だけど歌いにきました、みたいな感覚は全然ないんです。

 今回のアルバムでは、初めて作詞にも挑戦しています。でも、こんなフレーズを書いたら女子がきゅんとする!みたいなことはできないので(笑い)、自然にフレーズが降りてくるまで待ちました。なかなか言葉が出てこないところもありましたけど、サビの部分は曲を聴いた瞬間に出てきた言葉なんです。

 このアルバムは全曲違ったテイストで、楽しい気分、切ない気分、誰かを思う気持ちと何かしら自分の気分にマッチする曲はあると思うので、1人でもたくさんの人に聴いていただけたら嬉しいですね!

 そんな桐谷に、4つの質問に答えてもらった。

Q.1初めて買った音楽は?

 すぎやまこういちさんの指揮する『ドラゴンクエストⅢ』の交響組曲のカセットテープ。インストゥルメンタル音楽が好きだったんです。

Q.2三線を始めたのは仕事きっかけ?

 完全に趣味です。仕事につながるなんて思わずに始めたことが「浦ちゃんに、浜辺で歌っていただきたい」ということに。

Q.3最近、笑ったことは?

 よう笑いますよ。友達と一緒によく銭湯に行くんですけど、ぼくらの声が響きわたっていましたね(笑い)。

Q.4他人に負けないものは?

 ないですよ!(笑い)なにごとも、他人と比べへんことが大事で、楽しみたいと思うんです。そうしたら負けない!

撮影■矢部志保

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
『NHK紅白歌合戦』 GHQから一度企画を却下された過去もある
英文学研究者が音楽と別の角度からビートルズに迫った研究書
ゴーストライター騒動で話題となった新垣隆氏による半生記

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。