ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エコー写真どうしよう!12週で終了となった、憧れのエコーアルバム by 鳥頭ゆば

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠中の健診でもらえる赤ちゃんのエコー写真。

保管方法など色々悩みましたが、せっかくなのでコラージュなどをしてオリジナルの可愛いアルバムを作りたい!

と考え、暇を見つけてはせっせとアルバム作りに勤しみました。

元々シールや色ペンなどを集めるのが好きなのでアルバム作りはとても楽しかったのですが、センス自体はゼロ!

完全に自己満足のアルバムでしたがそれでもお腹の子の為に何かしている私…と自身に酔いしれていた時期でした(笑)

しかし、12週を境にお腹のエコーを確認するだけになって、なんと写真は貰えなくなり…!

私の通っていた病院は特に思い出作りを重視してなく、中期からはエコーも体重チェックも、大きな問題さえなければ大丈夫!という感覚で特に教えてくれませんでした。

気は楽でしたが、やはり子供の成長を毎回詳しく知りたかったな~というのが本音です。

前回のエピソード: 話題にしづらい女の子のおまたケア。一体どこまで深追いしていいものなのか… by 鳥頭ゆば

それから20週の超音波検査検査を最後に、私のエコーアルバムは数ページコラージュしただけで終わりました。

何故私はこんなに分厚いページのスケッチブックを買ってしまったのか…とその時は思いましたが、そんな不格好なアルバムも今になってはいい思い出として私の側に置いてあります。

著者:鳥頭ゆば

年齢:アラサー

子どもの年齢:2歳

>子育ての合間に息抜きとして、イラストや漫画を描くのが好きなグータラ主婦です。動物も大好きでコーギーと猫を飼っているので日々毛だらけな毎日です。巣ごもりゆばさんという育児ブログも書いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

双子の羊水量が安定しない「双胎間輸血症候群(TTTS)」覚悟を決めたレーザー手術
不安から楽しみへ
初めての胎動!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP