ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初。自動で動くスーツケース「Travelmate」が話題に。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

少し旅慣れた人なら、利便性よりも先にリスクが脳裏をよぎるはず。とはいえ、そのアイデアや目を引く動画はあっぱれ。まるでペットの子犬が自分のあとを追いかけてくるかのようなんです。

あれ…、なんだか不思議と可愛く見えてきました。

「完全手ぶら」が実現

この「Travelmate」は、世界初となるオートで動くロボットスーツケース。AIを搭載しており、ユーザーの後ろを自動で追跡します。

最大時速は約8km。自動でついてくるといっても、のろのろとした動きでは意味がありません。でも、このスピードであればストレスはなさそう。

水平走行と直立走行の2種類に対応。混雑状況など、いろいろなシチュエーションで使い分けられるのかも。

内臓センサーが人や家具などを検知。ちゃんと障害物を避けたり、手前で止まったりします。

クルクル〜待て。

何に役立つかはさておき、これはもう完全にペット。

「Travelmate」はバッテリーで作動。オートモードで4時間、待機モードで100時間の連続使用が可能だそう。USBケーブルで接続すれば、スマホやPCの充電も。

S、M、Lの3サイズ展開で、カラーバリエーションも豊富。価格は399ドル(約41,000円)から。ただし、現在クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金を募っていますが、調達状況はおもわしくない様子。多くの人が意外に現実的で、購買に慎重になっているみたいです。

とはいえ、発想自体はやっぱり面白いので、ぜひ動画はチェックしてみて。Licensed material used with permission by travelmate robotics

関連記事リンク(外部サイト)

【世界初】乗って移動できる「電動バイク型スーツケース」が誕生
これは欲しい。持ち主の後ろを自動でついてきてくれる「スーツケース」
【この発想はなかった】スーツケースに、一瞬で荷物が収納できる「Luggashelf」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP