体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

働き先に猫を連れていくべきか、置いていくべきか —渡り鳥プロジェクト—

f:id:atsushimatsuoka:20161023120307j:plain

暑い季節は涼しいところへ、寒い季節は暖かいところへ。快適な環境を求めて移動しながら、どこでも同じように働けることをめざす「渡り鳥プロジェクト」。

連載第6回(前回はこちら)のテーマは「飼っている猫をどうするか」。現在、ニーポンという名のオス猫を一匹飼っているのですが、渡り鳥になって長らく家を空ける場合、彼を「一緒に連れていくか」あるいは「連れていかないか」の二択に迫られます。

そこで、連れていくとしたらどういう移動手段があるか。連れていかない場合はどういう預け方があるか。それぞれのパターンにおいてどんな手段があるのか、今回いろいろと調べてみました。

基本的には犬も同じ条件ですから、犬や猫を飼われている方々に参考にしていただきたい内容です。フリーライター兼ペットグッズも販売しているデザイン会社代表の松岡厚志がお送りします。

選択肢A:猫を一緒に連れていく場合

ニーポンは大切な家族の一員ですから、できれば置いてけぼりにせず、どこに行くにも一緒に連れていきたいと思っています。ただ、わが家はクルマを所有していませんので、マイカーでの自由な移動は難しく、移動手段は公共交通機関に限られます。その場合、猫を一緒に乗せてもいいのでしょうか。だめなのでしょうか。乗せるにしても条件はあるのでしょうか。それぞれ調べてみました。

f:id:atsushimatsuoka:20161022110201j:plain

交通手段【1】電車

電車は「猫の乗車可」です。JRや私鉄、地下鉄それぞれにガイドラインが設けられていますが、有料または無料で手回り品としてケージに入れて持ち込めます。有料の場合は一律280円。改札口で駅員さんにケージを見せて「普通手回りきっぷ」を購入します(券売機では売っていません)。

また、有料・無料を問わず、持ち込む際はサイズや重量、個数の制限があります。鉄道会社によって若干異なりますが、おおむね「長さ70cm以内で、3辺合計90cm以内のケージ込みで10kg以内」で統一されています。個数は1個または2個まで。これらの条件を外れると持ち込み不可になります。

ケージは猫の全身が入り、頭や手足が外に飛び出ないものであることが条件。電車に限らず、その他の交通手段に共通して言えることですが、いくらガイドライン的にOKでも周囲への配慮は忘れたくないところです。重度の猫アレルギーをお持ちの方もおられますから。

電車:乗車可(無料または手回り品として280円)、ケージ必須

主な有料路線:JR、名鉄、近鉄、南海、京阪、阪神、阪急、西鉄、山陽、りんかい線

※内容は2016年10月24日時点

交通手段【2】新幹線

新幹線も「猫の乗車可」です。どの路線でも手回り品として280円を別途支払う必要があります。乗客の乗り降りが激しい電車や地下鉄とは違い、時間をかけて長距離を移動する方がほとんどのため、より一層、周囲への配慮が求められます。電車と同じくサイズや重量を守ったケージに入れて持ち込み、膝上、足元、またはテーブルの上に置かなければなりません。

たまに猫や犬用にもう一席分の乗車券を手配する方がいるようですが、席は指定席・自由席を問わずペット用に占有できない決まりです。気持ちは分かりますけどね。個人的にもニーポンを連れて新幹線で帰省するときなどは、いつでも目が合う隣の席に乗せてあげて、時おり話しかけるなどして、移動のストレスを軽減してあげたいからです。とはいえ、ルールはルール。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。