ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【六本木】新鮮でぷるんとした触感が絶品。予約必須のもつ鍋屋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

急に秋めいてきた今日この頃。外に出る時は一枚はおりたくなる、そんな季節になってきました。お鍋の季節ですね。六本木でもつ鍋にこだわっているお店があるとのことで予約して行ってきました。「和楽」というお店。扉をあけるとにこやかに店員さんが出迎えてくれました。もつ鍋のお店とは思えない、スタイリッシュな店内でした。


平日の真ん中だというのに予約だけでお客さんいっぱい。人気なせいか、お店は2時間制。もつ鍋だけでなく、焼酎にもこだわりがあるようです。プレミアム焼酎がたくさんメニューにあり楽しいです。まずはお酒を飲みながらお通しと「オクラとたたき山芋のおぼろ豆腐」をつまむ。山芋と納豆、オクラ、かつおぶしがのったおぼろ豆腐。


シンプルだけどこういうのがお酒と合うのよね~。ダシ醤油は別添えというのも好みの量使えて親切。もつ鍋は「しょうゆ」にしました。にんにくの量も調整できるそうで、翌日の予定に合わせて控えめにもできるというわけです。テーブルにカセットコンロが置かれますが目の前でぐつぐつ煮込まれるのを待つのではなく、運ばれてきた瞬間食べることができる状態で持ってきてくれます。どんな状況で持ってくるかや量についてなどしっかりと説明してくれる店員さん。美しい話し方と気配り、そして笑顔でした。


真ん中に綺麗にニラが配置されたもつ鍋、早速いただきます。もつは、お店によっては噛みきれないとか脂がすごすぎるとかで残すことが結構あるのですが、ここのもつ鍋はぷるんとしていて噛みやすく、食感が良い。これはお客さんも来るわけだ。



ここでキャベツと豆腐を追加オーダー。もつの味わいがじっくりとしみこんだスープで食べるキャベツとても好き。〆はチャンポン麺にしました。(〆はごはんやお餅もありましたよ)。


太い麺に、もつの脂とうまみがコーティングされておいしいものだから・・・すぐにちゃんぽん麺がなくなりました。麺、追加!! スープは100円で追加してくれるそうです。人によってはお湯を入れてもらうという方法もあるそうですがスープもおいしかったので追加しました。


もつ鍋と一緒に飲んだお酒は芋焼酎ロックと泡盛ロック。このお店はとにかくもつ鍋がメインなのでこれからの季節には特に通いたくなるお店。サービスも心地良かったです。


[寄稿者:まちむすめ]
■あわせて読みたい
プチリッチな気分を味わいたいときにおすすめ!六本木の大人カフェ5選
http://tabizine.jp/2016/05/30/76712/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP