ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高カロリーなチョコレート、ちょこっと食べるのがコツ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何とも言えない濃厚な味と香りで私たちを魅了するチョコレート。栄養価の高いカカオの健康・美容効果が知られるようになって、チョコレート人気は衰えることを知りません。チョコレートは甘いミルクチョコレートでなくっちゃ、という人がいる一方、カカオの味が濃いビターチョコレートが好みという人もいるでしょう。この二つのチョコレート、ダイエットに向くのはどっち?体に良いのはどっち?違いについてまとめてみましょう。

「ミルクチョコレート」と「ビターチョコレート」

チョコレートの主原料となるのは、カカオの実をすりつぶしてできるカカオマスと、カカオマスを押しつぶすことでできるカカオバターです。カカオには全く甘みがなく、そのまま口にすると強い苦みがあります。だからおいしく、食べやすいチョコレートにするためには砂糖などを加える必要があります。「ミルクチョコレート」とはカカオマスとカカオバターに糖分、さらに乳製品(全脂粉乳、脱脂粉乳)が加えられたものです。「ビターチョコレート」とは糖分が入っているけれど乳製品が加えられていないチョコレートのことをいいます。最近ではカカオを多く含んだビターチョコレート、高カカオチョコレート(カカオ含有率70%)が人気です。

注意!高カカオほど高カロリーに

高カカオチョコレートというと、体によくて低カロリーなイメージがありますが、実はカカオの含有率が高くなるとカロリーも高くなります。カカオは多くの脂質を含んでいるため、高カカオチョコレートは、普通のチョコレートはよりも脂質量が1,2〜1,5倍高くなるのです。また注意しなくてはいけないのは、高カカオチョコレートは苦味をやわらげるために、普通のチョコレートよりも砂糖が多く入っている場合があることです。基本的にビターチョコレートとミルクチョコレートにおいて糖質量の差はほとんどありせん。高カカオチョコレートは高カロリー、決してダイエット向きとは言えないのです。

チョコレートはどう選ぶ?

高カカオチョコレートは高カロリーであるけれど、カカオをたくさん含む分、栄養価が高くなります。老化防止効果のあるカカオポリフェノールや、食物繊維、ミネラルが多く含まれており、これらの恩恵を十分に受けたいという場合は高カカオチョコレートがおすすめです。しかし状況によってはミルクチョコレートを選んで食べた方が良いときもあります。例えばスポーツをする時やお腹が空いている時のエネルギー補給には、ミルクチョコレートの方が向いています。ブドウ糖やカルシウムをすばやく摂ることができるからです。
チョコレートは自分の食べたいものを、状況に合わせて選ぶのが良さそうですね。ただしどのチョコレートも高カロリーなので、食べる時は1〜2かけらにしておきましょう。
エネルギーと同時に癒し効果も与えてくれるチョコレートです。ここぞという実力を発揮しなければならない時、またリラックスしたい時にちょこっと食べれば、美味しく頼もしい効果が得られますよ。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP