体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すみだ水族館が幻想的な蜷川実花ワールドに染まる「クラゲ万華鏡トンネル」【東京】

すみだ水族館

こんにちは、じゃらん編集部の鈴木です。

ふわふわ~と泳ぐクラゲの水槽を前に、つい足を止めてしまう人も多いのではないでしょうか。顔も分からないし(顔ってあるのか?)、別に懐かれているわけでもないのに、なぜか私たちを魅了するクラゲ。

今回は、そんなすみだ水族館のクラゲたちと、写真家・映画監督の蜷川実花氏がコラボレーション第二弾を行うということで、クラゲファン、もしくは蜷川実花氏のファンのみなさんにその見どころを紹介したいと思います。

蜷川美香ワールドに染まる4か月間

11 月8 日(火)~2017 年3 月14 日(火)の期間、昨年に引き続き、写真家・映画監督の蜷川実花氏とクラゲのコラボレーションを行うすみだ水族館。イベント期間中は、すみだ水族館の「クラゲ」ゾーンと「クラゲ万華鏡トンネル」で幻想的なコラボレーションが展開されます。

注目は、新たに展示される幻想的な大型水槽

すみだ水族館

蜷川実花氏が創り出す独創的な色彩がクラゲ水槽を彩る※イメージ

今年は館内のコラボ範囲を拡大し、巨大水槽と8種類のクラゲを展示したU字型水槽があるクラゲ展示ゾーンでも、蜷川実花氏の映像作品や写真が映し出されます。幅4メートル、高さ1.5メートルの巨大水槽が蜷川実花ワールドに染まる様子をお見逃しなく。

昼夜で投影内容が変わるクラゲ万華鏡トンネル

すみだ水族館

非日常の空間が広がるクラゲ万華鏡トンネル※昨年の様子

約5000枚の鏡が壁・天井を覆う、全長約50メートルの「クラゲ万華鏡トンネル」では、クラゲ水槽と壁面に蜷川実花氏の映像作品が投影されます。照明やアロマの香りも加わり、クラゲと一緒に海の中を漂っているかのような不思議な体験を味わうことができます。昼と夜で投影する映像が変わるので、1日に2度、別の世界を味わえるのも魅力的です。

ファン必見の2大キャンペーン

ショップ内の特設コーナーでは蜷川実花氏のグッズを販売。昨年大好評だったオリジナルポストカードは、今回のイベントバージョンに更新され数量限定で販売されます。また、すみだ水族館の年間パスポートも、このイベント期間だけ蜷川実花氏のデザインにチェンジ。2016年版と2017年版の2つのデザインがあるので、ファンとしてはどちらの年間パスポートを購入するか…悩ましいところですね。すみだ水族館 蜷川実花氏の独特な色彩が美しいポストカードすみだ水族館

限定発売されるオリジナル年間パスポートはファン必見※昨年のデザイン

ポストカード/216円

年間パスポート/大人4100円、高校生3000円、中学生2000円、3歳以上1200円

最後に…初めてすみだ水族館へ行く人へ

すみだ水族館
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。