ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メリル・ストリープ来日会見で夢や夫婦円満を語る 「今でも私は歌手になる夢はもっています。」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メリル・ストリープ来日会見で夢や夫婦円満を語る 「今でも私は歌手になる夢はもっています。」
 NY伝説の歌姫の実話をメリル・ストリープ×ヒュー・グラントの豪華共演で映画化した『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が12月1日より公開。主演のメリル・ストリープが来日し、記者会見を行った。
 今回『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』で、絶世のオンチなのにカーネギーホールを満員にし、今なお人々を魅了する伝説の歌姫マダム・フローレンスを演じるメリル・ストリープ。歌上手で知られるメリルが、オンチな歌姫を演じることでも話題となり、実在した人物を演じるにあたっての苦労を問われると
「フローレンスは歌はあまり上手ではありませんでしたが、歌や音楽を心より愛していて、NYの音楽シーンにとても貢献した人物です。パトロンの方には結構多いものですが、彼女は心の中ではずっと歌手になりたかったんですね。今回、2カ月ものトレーニングで、オペラのアリアをちゃんと歌えるようにして、最後に二週間で歌い方を崩しました。」と明かした。
 また、劇中では“夢”そして“夫婦の絆”が描かれていることから、自身の叶えたい夢や、夫婦円満の秘訣について聞かれると、「今でも私は歌手になる夢はもっています。だけど、あまり上手ではないので努力しければですね。夫はとても理解のあるひと、彼がアーティストという職業であることも助かっていると思います。生活のスタイルや仕事へのコミットが共有しやすいからです。フローレンスとシンクレアは芸術と音楽が好きという共通点があって、2人で同じ夢を共有していたわけです。なのでそういった同じ夢を共に追いかけられる相手はいいですね。」
と回答。

 更に報道陣から、先日メリルがトランプ氏に扮したニュースをうけて今回の大統領選についての質問が飛ぶと、「みんな重荷に思っていることだと思うので、早く終わって欲しいです(笑)」とコメントし、会場には笑いが溢れ、終始和やかな会見となった。
◎公開情報
『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
配給:ギャガ
(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved
12月1日(木) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

関連記事リンク(外部サイト)

メリル・ストリープ ミュージシャン役に挑戦『幸せをつかむ歌』公開決定 リック・スプリングフィールドも出演
女優メリル・ストリープが最新映画でレディー・ガガのヒット曲をカバー
メリル・ストリープ、沙也加の歌声を絶賛  「私の歌よりはるかによかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。