体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「家付き捨て犬」から「別荘付きお嬢様犬」へ 拡散された捨て犬のさらにその後

「家付き捨て犬」から「別荘付きお嬢様犬」へ 拡散された捨て犬のさらにその後

 千葉県海沿いにある海浜公園の駐車場に、7月上旬、ぽつんと一つの犬小屋が捨てられていた。その日は洗濯日和という予報どおり朝からうだるような暑さ。そこに来てのアスファルトの駐車場は当たり前に照り返しが強く、まさに“炎天下”といった状況。

 そんな場所にぽつんと置かれた一つの犬小屋。近づいてみると、そこに居たのはつながれたままの一匹の犬。
 小屋以外にも近くに水やエサという犬にとっての“家財道具一式”が置かれていたが、肝心の犬は全く状況が理解できない表情。ただただ困惑したような、情けないような。遠くを見つめる目は飼い主のお迎えだけをひたすら待っているようにも見えた。

【関連:真夏の炎天下、駐車場に捨てられた通称「家付き捨て犬」のその後】
(発見時)

(発見時)

■「犬が捨てられているけれどどうしたら良いか?」

 早朝というめずらしい時間、動物保護ボランティアを行う永塚裕大さんのもとに一本の電話が入った。何事かと思えば、電話は知人からのもので公園に犬が捨てられているという。

 知人はよほど慌てていたのか一方的に状況を語ってくれた。永塚さんの寝起きの頭にぼんやり浮かんだのは「家を背負って家財道具を小脇に抱えた茶色いわんこ」。想像し一瞬笑いがこみ上げたというが、現実は「捨て犬=遺棄事件」。

 とりあえず知人には現場保護および、警察と動物愛護センターへの連絡を指示。永塚さんもすぐ現場に駆けつけた。たどり着いたその場で見たものは“家財道具一式とともに途方に暮れる犬”。強い怒りがこみ上げたという。

 「こう言う輩が居るから何時まで経っても殺処分が無くならない事が解らないだろうな?」

 このことは、運営する保護ボランティア「ぶんたの家」のブログおよび個人のFacebookページで紹介され、保護ボランティアが見た“動物遺棄事件”の実例として多くの人の関心を集めた。

 なお、この犬については、愛護センターとの間で引き取りが話し合われ、警察や愛護センターでの諸々の手続きをへて約半月後に当初より早い予定で、永塚さんのもとに引き取られている。

■夜明けの公園にちなみ「アカツキ(仮)」

 永塚さんのもとに引き取られたメスの「家付き捨て犬」は、拾われた夜明けの公園にちなみ「アカツキ(仮)」と名付けられた。

 アカツキは引き取った当初、このところの急激な状況の変化もあって多少の威嚇行動を見せたものの、永塚さんら人間スタッフによる落ち着かせるためのトレーニングに、先輩犬達の教育の甲斐もあり徐々に落ち着きを取り戻したという。

 そうした落ち着きもあり、前回記事にした引き取って一か月頃という9月の段階で既に、避妊手術の予定が立てられており、里親募集も開始されていた。
(愛護センターからの引き取りの時)

(愛護センターからの引き取りの時)

■応募はあるも途絶える連絡

 里親募集は永塚さん自身のFacebookの他、スタッフとして参加する『犬の里親探し・NPO法人サンタの家』も通じて行われた。ネットでの拡散や、記事の紹介の影響もあってか開始すぐには何件かの里親希望者が現れたという。ただ、やりとりする上で連絡が途絶えてしまい現れては途切れ、現れては途切れしてしまうご縁……。
 そんなこんなで半月もたつ頃には応募自体が途絶えてしまった。

 「私でも大丈夫ですか?」

 そんな頃、一人の老婦人からの連絡が入った。その女性は、以前飼っていた愛犬を亡くしてからしばらく喪に服していたが、喪が明けて状況も気持ちも落ち着き、やはり相棒を……と思い、里親募集に応募してみた。ところがどこも「高齢」を理由に取り合ってくれなかったそうだ。中には門前払いもあったという。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。