体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋に行きたい【奈良】おすすめ観光スポット19選!紅葉スポットも!

170914_奈良メイン

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

日本国の発祥とされる古都・奈良には古代ロマンを感じられる寺社や古い町並みがいっぱい。

そのなかでも定番の東大寺や法隆寺など観光スポットをピックアップ。絶景や秋ならではの紅葉名所も!

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり奈良を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

東大寺

170914_東大寺出典:じゃらん 観光ガイド 東大寺

若草山の麓に広大な寺域を占める巨刹。奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝,重文級の文化財が多い。世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。

\口コミ ピックアップ/

南大門の仁王像を鑑賞、あまりの迫力に圧倒されました。大仏殿を左に折れて、戒壇院に向かいました。ここまで来ると、流石に人込みも途絶え、心も休まります。戒壇堂の四天王像を鑑賞、素晴らしいの一語に尽きます。特に、はるか遠くを見据える広目天の目が印象的でした。時の経つのも忘れて見とれてしまいます。ここに立ち寄ったら、是非とも新薬師寺を訪れて下さい、同じく塑像の十二神将と対面できます。薄暗い堂内で、躍動感のある塑像を堪能ください。

(行った時期:2017年9月2日) 東大寺

住所/奈良県奈良市雑司町406-1

「東大寺」の詳細はこちら

奈良公園

奈良公園出典:じゃらん 観光ガイド 奈良公園

「奈良公園」は、奈良県奈良市にある、総面積約502.38ヘクタール、東西約4km、南北2kmという都市公園です。

公園内には、春日山や若草山をはじめ、興福寺、東大寺、春日大社なども含まれ、多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、

日本を代表する観光地としても有名で、年間を通じて日本のみならず海外からの観光客も多く訪れます。

また、園内の大部分が芝生に覆われていることから、園内には約1,200頭の鹿が生息していて、奈良公園のマスコット的存在として観光客からの人気も。

その他、春には桜の名所として花見を楽しめたり、入園料が不要のため、いつでも散策できるのは嬉しいポイントです。

\口コミ ピックアップ/

神様の使いとされる鹿がたくさんいる公園です。 訪問した時はちょうど「なら燈花会」の時期で、ろうそくの灯りが公園全体で美しく光っていました。 JR奈良駅および近鉄奈良駅からは奈良交通バスの利用が便利です。 冬には「瑠璃会」と言われるLEDによるライトアップイベントも行われますよ。

(行った時期:2017年8月14日) 奈良公園

住所/奈良県奈良市芝辻町543

「奈良公園」の詳細はこちら

法隆寺

法隆寺出典:じゃらん 観光ガイド 法隆寺

法隆学問寺とも、斑鳩寺とも称する南都七大寺の一つ。木造建築物では世界最古であり、ユネスコの世界文化遺産に姫路城とともに、日本ではじめて登録された。推古天皇の時代に聖徳太子により建立され、飛鳥時代を始めとする各時代の貴重な建造物や宝物類が広大な境内に存在している。

\口コミ ピックアップ/

電車旅だったので、バスなど乗り継ぎながら行きました。 アクセスしにくいですが、訪れる価値ありです。 ボランティアのガイドさんが丁寧に案内してくれるので、時間がある方はぜひガイドをオススメです。 疲れたら中に休憩所もあり、ゆっくりできました。

(行った時期:2017年8月) 法隆寺

住所/奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

「法隆寺」の詳細はこちら

興福寺国宝館

興福寺国宝館出典:じゃらん 観光ガイド 興福寺国宝館

昭和34年に天平様式に建築されたもの。各堂にあった奈良時代から江戸時代に至る各時代の仏像・絵画が集められ,1250年にわたる興福寺の歴史と伝統を伝えている。そのほとんどが国宝,重文に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

初めて阿修羅像を拝見させていただき、大変感動しました。ずっと見ていても色々な表情に見え、飽きることなく見ていられる像でした。 他にも様々な展示があり、とても貴重な文化財や国宝を拝見することができておすすめです。

(行った時期:2017年6月) 興福寺国宝館

住所/奈良県奈良市登大路町48

「興福寺国宝館」の詳細はこちら

ならまち

ならまち出典:じゃらん 観光ガイド ならまち

ならまちは千二百余年前の都「平城京」の道筋をもとにしており,中世には東大寺・興福寺・春日大社などの門前町として栄え,「南都七郷」などともよばれていた。江戸時代になると,晒や酒造,墨,甲冑,一刀彫などの色々な産業が興り産業の町としても栄えた。中でも,元興寺界隈は奈良時代に平城京の七大寺の一つとして大きな伽藍を有していた元興寺が中世以降衰退したため,その境内地へ民家が建ち並び,新しい町並みが形成されたのがその起こりといわれる。そのため極楽坊,塔跡,小塔院などに元興寺の往時の姿をわずかにとどめるのみとなり,今日では,この界隈は町家の建ち並ぶ一角となっている。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。