ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アレルジーナ』乾燥からくるかゆい肌の悩みに! 抗ヒスタミン成分を配合した唯一の薬用ボディソープ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬場になってくると、乾燥肌の人間にとって恐ろしいのが皮膚のかゆみ。夜、布団に入った後にムズムズしてきて眠れない、かゆいからといって気にせずかきむしると後で痛い…と不自由なことこの上ない。このかゆみ、どうにかしたいと思いつつもなかなかいい方法がなく悩んでいる人も多いのではないだろうか。そんな悩める人にうれしいのが抗ヒスタミン成分・塩酸ジフェンヒドラミンを配合した薬用ボディソープ『アレルジーナ』だ。

 

100年以上の歴史を持つ石鹸メーカーによる冬の乾燥肌トラブルに悩む人のためのボディソープ

冬場に体が乾燥してかゆくなる人は、なるべく皮膚を刺激しないボディソープを使うのが一般的。そして入浴後は、尿素やかゆみ止め成分配合のボディミルクを使用している人も多いのではないだろうか。

 

そもそもかゆみは、体内のヒスタミン受容体が活性化しすぎて起こる。ヒスタミンは、かゆみなどのアレルギーの原因とも言われており、かゆみを抑えるためにはヒスタミンの活動を抑制する必要がある。例えば、塩酸ジフェンヒドラミンが、抗ヒスタミン効果のある成分。

ボディソープの『アレルジーナ』(420ml・本体価格 税込880円・2016年9月発売)は、100年以上の歴史を持つ石けんメーカー・株式会社マックス(大阪府八尾市)による製品で、ボディソープ自体に抗ヒスタミン成分である塩酸ジフェンヒドラミンを入れてしまった画期的製品だ。


つまり体を洗いながら、同時にかゆみケア。これは時短にもなるし、何より面倒がない。配合されている抗ヒスタミン成分・塩酸ジフェンヒドラミンは、100g中200mg。日頃から乾燥肌で、冬が近くなるとかさついてかゆくなってしまう人にとっては何とも心強い製品。

 

かゆみが起きやすい部分は念入りに

実際に使用してみると、ほんのりと甘酸っぱい香りの透明なテクスチャ。

お湯を加えるとしっかりと泡立つ。

脚のすね部分はかゆみが起こりやすいゾーン。

肩口などもかゆみが起こりやすいので、念入りに洗いたい。

使用感は、一般的な洗い上がりさっぱりタイプのボディソープのようで、特に違和感はない。これで抗ヒスタミン成分配合というならぜひ使い続けたい。

 

 

配合されているのは抗ヒスタミン成分だけじゃない

背中などにニキビができやすい人もいると思うが、原因は背中に雑菌が繁殖してしまっているから。この『アレルジーナ』は、ニキビ対策の商品にも配合されている殺菌剤のイソプロピルメチルフェノールを配合しており、背中ニキビの予防にもなる。

 

また、汗の匂いが気になる人にもオススメだ。たとえ冬場といえども、厚着をしているせいで暖房のきいた電車内や室内など、思ったより汗をかくことが多いもの。そんな時の匂い対策にも役立つ。


何度でもぶり返す、しつこい皮膚のかゆみに夜も眠れないと悩んでいるなら、日頃から『アレルジーナ』を使用して、かゆみの起こりにくい健康肌を目指したい。使い続けることで、きっと健やかな眠りを手に入れられるはず。お得な詰め替え用も販売されているから要チェックだ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『NOLTY TOOLS セオリア B6』日頃愛用しているB6手帳、機能に物足りなさを感じたらこのジャケットを追加!
新感覚! 1日10分の『プチ写仏プログラム』で、疲れた心をリフレッシュ!
『skinvill ホットクレンジングジェル』大気微粒子もスッキリOFF! 透明肌へ導く温感ジェルがリニューアル!
『ベイク クレームブリュレ』フレンチ・スイーツの代表メニューが食感ごと焼きチョコに!
『みかん梅酒』『ゆず梅酒』は女性チームが開発したフルーティーなお酒!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP