ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女戦士ローラの姿も! 『バイオハザード』最終作、新予告映像解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月23日(金・祝)に日本で世界最速公開が決定している人気アクション超大作シリーズ最新作『バイオハザード:ザ・ファイナル』より新予告編が解禁となった。


日本発人気ホラーゲームを映画化したシリーズ『バイオハザード』は、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロイン・アリスと、世界をゾンビ化させた元凶・宿敵アンブレラ社との戦いをアクションとスリル満点で描き世界中で大ヒットを記録。2002年の1作目から早15年、6作目となる本作で最終章を迎える。

新予告は、ヒロイン”アリス”が悪夢のフラッシュバックで目を覚ますところから始まる。「世界の終りは近い」「全てが動き始めた」「48時間で人類は滅びる」と人類滅亡の危機を示唆する不穏なセリフの数々に絶望的な数のアンデッドの軍団が地上を埋め尽くす。過去作以上にリアルな質感で、T-ウィルスの脅威とアリスの孤独な戦いの歴史を感じさせる映像だ。今までストーリーの詳細は謎に包まれていた『バイオハザード:ザ・ファイナル』だが、今回完成した新予告ではストーリーを紐解いていく重要なシーンを見ることが出来る。

そして、本作に日本から参戦しているモデルでタレントのローラ演じる女戦士コバルトが初お披露目。アリスと共にアンデッドとの熾烈な戦いを繰り広げる仲間の一人として凛とした表情を浮かべる姿に、本編でどんな活躍を見せてくれるか期待が高まる。

シリーズを重ねるたびに力強さが増すアリスの華麗なアクションからも目が離せない。ミラ自身「今回のアリスはこれまでで最もパワフルだった」と語るほど、アクロバティックなアクションを披露。燃えさかる炎の中を駆け抜け、二丁拳銃でアンデッドを次々と叩きのめす。シリーズ一作目を彷彿とさせるレーザーを交わす華麗なアクションに加え、バイクで疾走するシーン、巨大なクリーチャーに追われるシーンがアリスを待ち受ける最後の戦いの強烈さを予感させる。

シリーズ最高のスケールを感じさせる圧巻のシーン連続の最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』は12月23日(金・祝)世界最速公開

『バイオハザード:ザ・ファイナル』公式サイト
http://www.biohazard6.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!
おぎやはぎ、「ローラの努力家ぶり」を大絶賛 「10年先見越してる」「大スターになる可能性ある」
野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP