体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋に行きたい【滋賀】おすすめ観光スポット20選!紅葉スポットも!

秋に行きたい【滋賀】おすすめ観光スポット20選!紅葉スポットも! 170914_滋賀メイン

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

琵琶湖を一望できる彦根城、アウトレットパークや黒壁スクエア&夢京橋など家族やカップルで楽しめるスポットをピックアップ。メタセコイア並木や御在所岳など秋ならではの紅葉名所も!

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり滋賀を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

日牟禮ヴィレッジたねや

日牟禮ヴィレッジたねや出典:じゃらん 観光ガイド 日牟禮ヴィレッジたねや

日牟禮八幡宮の境内にある、和菓子の老舗「たねや」が茶屋を併設。いろりのある情緒豊かな店内では、朝炊きした甘さ控えめの『ぜんざい』が絶品。また和菓子売り場では、芳しい最中種で求肥入りの粒あんを食べる直前に挟む、たねやの代表銘菓『ふくみ天平』が人気で、大きさも細く食べやすくお土産にも最適。

近江の豊かな風土と歴史わがふるさと

\口コミ ピックアップ/

ランチでは、近江のおばんざいや、バームクーヘンを食べて育ったバームクーヘン豚が食べられます。

ちょっとおやつでしたら、日牟禮ヴィレッジ限定で販売されている「つぶら餅」がオススメ!

一個から注文できて、竹の皮の器に盛られて雰囲気も良く味も良いです。焼きたてを食べられるのも嬉しいですね。夏でしたので、冷たいお茶のサービスもありました。店内でも食べられますし、店先の長椅子で、庭を見ながら食べることもできます。

焼いている様子を写真に撮ろうとカメラを向けると、写真が撮りやすいようにと、手を止めてくれました。接客がとても良く、心地よい場所でした。

(行った時期:2017年8月1日) 日牟禮ヴィレッジたねや

住所/滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ

「日牟禮ヴィレッジたねや」の詳細はこちら

彦根城

170913_彦根城出典:じゃらん 観光ガイド 彦根城

国宝に指定された天守のうちの一つ。別名「金亀城」。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守のほか、天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存し、桜、新緑、紅葉、雪景色など四季折々の情緒を感じさせる。井伊直政の子直継・直孝が慶長9年(1604)築城に着手、7ケ国12大名の手伝い普請で20年の歳月をかけて完成。以後、井伊氏歴代の居城となった。幸い取り壊しを免れたため、三層三重の天守をはじめ多くの遺構を今に残している。堀には琵琶湖の水を巧みに利用し、井伊家で舟遊びなどに使われていた。平山城。

2017年は、築城から410年を記念して「国宝・彦根城築城410年祭(H29.3.18~H29.12.10)」が彦根城を中心に開催中

\口コミ ピックアップ/

せっかく行ったんだから天守閣まで登ろうと両親とともに行きました。いく先々でコスプレイヤー?の方々がいて、お城に合ったコスプレで写真も撮れました。てっぺんまでは段差の大きい階段があり、足腰の丈夫な私でも少し怖かったくらいです。でも登った甲斐はありました。時間がちょうど良くて、ひこにゃんのダンスも見れました。お城の周りは少し栄えていて観光もできます。楽しかったです。

(行った時期:2015年11月) 彦根城

住所/滋賀県彦根市金亀町1-1

「彦根城」の詳細はこちら

三井アウトレットパーク 滋賀竜王

三井アウトレットパーク 滋賀竜王出典:じゃらん 観光ガイド 三井アウトレットパーク 滋賀竜王

\口コミ ピックアップ/

高速道路のインターチェンジからすぐのところにあり、 緑が豊かな場所にあったので、とてものんびり ショッピングを楽しむことができました。 たくさんのショップが並んでいて、かなりお得な シャツもありました。 グルメも楽しめました。

(行った時期:2017年8月) 三井アウトレットパーク 滋賀竜王

住所/滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694

「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」の詳細はこちら

メタセコイア並木

メタセコイア並木出典:じゃらん 観光ガイド メタセコイア並木

マキノ高原へのアプローチ道として全長約2・4km、ただひたすらまっすぐと続く並木道。約500本のメタセコイアの木は樹高12mにも及び、天に向かって幹を伸ばすそのたくましさに、誰もが絶賛するはず。また季節によって趣も異なり、新緑がまぶしい初夏やムード溢れる紅葉時、雪化粧した冬の姿も格別。

500本の木々が続く、高原の道を駆け抜けよう

\口コミ ピックアップ/

きれいな並木道です。車で通り抜けることもできますし、近くのマキノピイクランドに車を止めて、歩くこともできいます。ピイクランドではレンタルサイクルやブルーベリー狩りなどが楽しめますし、小さな子供用の水遊び用プールなどもありました。せっかく湖西方面に行くのであれば30分でも立ち寄ると十分楽しめます。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。