ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新人シンガーLeola、3rdシングル「I & I」のMVが本日解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Leolaが11月23日にリリースするフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「舟を編む」のエンディング・テーマ、そして、ソニー「ハイレゾ級ワイヤレス」CMソングにも起用されている「I & I」のミュージックビデオが本日解禁された。

Leolaの3rdシングル「I & I」は、「伝わらない言葉。伝えたい想い。」をテーマに、母性にも似た大きな愛情で相手を想い、それでも焦がれる、Leolaらしい新しい形のラヴバラード。タイトルの「I & I」はジャマイカの言葉で「We」を表す表現。私を表す「I」とあなたを表す「I」それぞれが自立した個であることで、初めて「we」=「私たち」になるという意味がある。

お互い自立しているからこそ抱える葛藤、想い。ノイタミナ10月放送のアニメ「舟を編む」エンディング・テーマでもある本楽曲は、主人公の馬締 光也(まじめ みつや)とヒロインの林 香具矢(はやし かぐや)の関係性をLeolaらしい独特且つシンプルな言葉を用いて書き下ろした珠玉の作品に仕上がっている。

一見、海沿いの小さな家の窓からLoelaが月明かりに照らされた夜空を眺めている様に始まるこの楽曲のミュージックビデオは、裏テーマとしてLeolaが大舞台の主役に大抜擢をされ、その初公演前日の深夜に、ひとりステージに残って最後のリハーサルを迫真の演技で行っている、と言う姿を描いている。こうする事で「リアリティ」と「緊張感」、表面的な演技ではなく真剣に向き合うからこそ現れる「人間の美しさ」を引き出している。

Leola 『I & I』

配信情報
「I & I」アニメサイズ配信中
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1164313665?at=10lpgB&ct=4547366281163_al&app=itunes
レコチョク:http://recochoku.jp/artist/30532315/
Mora:http://mora.jp/package/43000001/4547366281163/

リリース情報
3rdシングル「I & I」
2016年11月23日発売
初回生産限定盤(CD+DVD)AICL-3243 / 1,500円(税込)
CD
1.I & I ※フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「舟を編む」エンディングテーマ/ソニー「ハイレゾ級ワイヤレス」CMソング
2.Winter Magic ※SISTA.J 2016-17 イメージソング
3.(タイトル未定)
4.I & I instrumental
DVD
I & I Music Video

通常盤 AICL-3245 / 1,000円(税込)
1.I & I ※フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「舟を編む」エンディングテーマ/ソニー「ハイレゾ級ワイヤレス」CMソング
2.Winter Magic ※SISTA.J 2016-17 イメージソング
3.(タイトル未定)
4.I & I instrumental
5.Winter Magic instrumental
6.未定 instrumental

期間生産限定盤 AICL-3246 / 500円(税込)
1.I & I ※フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「舟を編む」エンディングテーマ/ソニー「ハイレゾ級ワイヤレス」CMソング

期間生産限定盤 AICL-3247 1,500円(税込)
CD
1.I & I ※フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「舟を編む」エンディングテーマ/ソニー「ハイレゾ級ワイヤレス」CMソング
2.Winter Magic ※SISTA.J 2016-17 イメージソング
3.(タイトル未定)
4.I & I アニメサイズエディットver.
DVD
「舟を編む」ノンクレジットエンディング

関連リンク

Leola オフィシャルサイトhttp://www.leolalala.com/
Leola オフィシャルTwitter@Leola_official
Leola オフィシャルInstagramhttps://www.instagram.com/leola_official/
Leola オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/Leola-official-837141059708140/
Leola オフィシャルTumblrhttp://leola-official.tumblr.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP