ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tourbillon、大阪・Zepp Nambaを皮きりに全国4か所を巡るZeppツアーをスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RYUICHI、INORAN、H.Hayamaからなるユニット、Tourbillonが10月22日、大阪・Zepp Nambaを皮きりに全国4か所を巡るZeppツアーをスタートさせた。

満天の星空を思わせる照明、柔らかなキャンドルの火が灯るシンプルなステージの中、1曲目「Unique inquality」からライブがスタート。H.Hayama(Key)の奏でる美しいメロディが会場を優しく包み込み、INORAN(Gt)が凛とした音色を重ねていく。深みのあるRYUICHI(Vo)の歌声は楽曲により鮮やかな色彩を与え、1曲目から心酔するように聴き入るオーディエンスたち。ツアーが始まったばかりということもあり、詳しいセットリストは明かせないがこの日の楽曲のどれもが優しくて力強い、愛に溢れた表情で魅せてくれる。新作を中心とした楽曲展開であるのはもちろん、「アゲハ」「HEAVEN」など初期の楽曲もより深化した世界観を見せ、久しぶりのステージとは思えない、あまりの完成度の高さに思わず身震いがしてしまう。

メンバー3人の歌声、音の存在感はもちろん、バンドの世界観をより強固にさせるサポートメンバーの豪華さにも注目が集まる。沼澤尚(Dr)、TOKIE(Ba)、土屋昌巳(Gt)、YUKARIE(Sax)、個々の音色がバンドの輪郭をさらに強く打ち出し、他にはない雄大な世界観を作り上げていく。中盤にはHayama、沼澤、TOKIEによるインストナンバーも披露。美しくも気高い旋律、生命力溢れる鼓動を鳴らし、バンドサウンドとはまた違った一面に観客は静かに酔いしれた。

壮大な楽曲が続く中、MCでは一転して緩やかな空気が流れる。ファンには周知となっている“雨男”INORANについてや(開演直前に雨が)、リーダーであるHayama泣かせなトークなど、あまりのギャップに驚いてしまうほど、自由気ままな和やかなトークが繰り広げられる。また、「アルバムをリリースしたし、これからも動いていけたら…」と、今後の活動に期待が高まる発言には会場から大きな歓声が沸き起こる。

その後もアルバムリード曲「Love Life」やタイトル曲「Life is beautiful」など、良質で多幸感溢れる楽曲を次々と披露。“唯一無二”なんて言葉だけでは形容しがたい、“Tourbillon”だからこその極上の音に魅せられ、あっという間にステージが終了した。

Photo Susumu Miyawaki

関連リンク

Tourbillon オフィシャルサイトhttp://tourbillon.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP