ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

火星に生命は存在したのか? 火星探査機「キュリオシティ」宇宙に旅立つ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
キュリオシティの探査活動イメージ(NASAのHPより)

 物語や想像の中で幾度となく描かれてきた”地球外生命体”。それらは本当に、存在するのだろうか? その答えにまた一歩近づくための試みがなされようとしている。米航空宇宙局(NASA)は、日本時間11月26日深夜24時02分(予定時刻)、火星に向けて無人探査機「キュリオシティ」を載せた大型打ち上げロケット「アトラスV」を打ち上げる。

 ”好奇心”という意味を持つ「キュリオシティ」は、NASAで初めて生命の痕跡を探すことを第一目的とした探査機だ。また、NASA史上最大の火星探査機でもあり、従来よりも広範囲の調査が行えるという。「キュリオシティ」は2012年8月に火星のゲール・クレーターに到着し、その後約2年間、周辺の岩石や土壌を分析し生命の痕跡を探索する。

 ニコニコ生放送では「キュリオシティ」が飛び立つ瞬間を、米フロリダ州のケープ・カナベラル空軍基地より生中継する。

【NICONASA】地球外生命発見なるか!?アトラスV キュリオシティを乗せていよいよ火星へ 

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 【NICONASA】地球外生命発見なるか!?アトラスV キュリオシティを乗せていよいよ火星へ- 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv71762894?po=news&ref=news
・Mars Science Laboratory – NASA(英語)
http://www.nasa.gov/mission_pages/msl/index.html

(伊川佐保子)

【関連記事】
漫画『プラネテス』の世界はもうすぐ? 「宇宙ごみ回収事業」の可能性
今どきの人工衛星は、作付け中の「米の旨み」まで分かる
宇宙のはじまりと終焉 カギを握る2つの「暗黒」
藤村官房長官、米人工衛星の落下について「冷静に普段通りの生活を」
地球外生命体は太陽系にも存在するか 「エイリアンに遭遇する方法」を科学的に検証

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。