ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京成電鉄の株主優待券買取のコツと有効活用方法まとめ

  • ガジェット通信を≫

株を保有する理由は人それぞれですね。投資目的、その企業の商品が好きだから、高配当が見込めそうだから等々。中には「株主優待券の魅力に惹かれて」という人もいるでしょう。今回は電鉄大手企業の「京成電鉄」の株主優待券にスポットを当てます。

京成電鉄は電車、バスなどの交通事業を中心に、百貨店、スーパーなど生活に密着した事業も展開しています。京成電鉄の株主優待券は、乗車証やグループ企業で使える優待冊子がもらえます。そんな株主優待券買取のコツや相場と高く売れる時期、株主優待券の有効活用方法などをまとめました。

京成電鉄株主優待券とは

出典:京成電鉄

日本独自のサービス

株を購入した時に、その株数に応じて企業がサービスとして株主優待券をプレゼントしてくれます。実はこの「おまけ」は、日本独自のシステムなのだとか。海外では例をみない、極めて日本的な「おもてなし」の発想ともいえる「株主優待券」。各企業ごとに工夫を凝らしているのです。京成電鉄は東京証券取引所一部上場企業だけあって、株主優待券もなかなか使い勝手が良さそうです。

実はおまけのない企業もある

実は株主優待のない企業も多数あるのです。法的な義務はないためですが、年々導入する企業は増える傾向にあるのだとか。内容は企業ごとに違いますが、せっかくもらえるならば頂きたいもの。心情としては、株主優待券がある企業の株を購入したくなりませんか?

株主優待乗車証及びグループ会社優待券がもらえる

京成電鉄では2016年10 月以降、株主優待乗車証発行基準が変わりました。例えば2016年9月30日までは1000株以上3000株未満で、一枚で一回電車に乗れる回数券が4枚発行されていました。これが2016年10月以降では500株以上1500株未満に変更になっています。さらに2016年10月1日以降に2万5000株以上を保有していると、電車とバス全線に乗ることができる定期券ももらえます。

京成電鉄株主優待券はいくらで売れる?


買取業者を比較してみた

3店舗で比較してみました。なお、優待冊子に関しては各店舗にそれぞれ問い合わせをしてみてください。

チケットオンライン

出典:チケットオンライン

電車全線片道乗車券(2017/5/30まで有効)買取価格:580円
株主優待乗車証(電車全線) 定期タイプ(2017/5/31)買取価格:8万円
株主優待乗車証(電車・バス) 定期タイプ(2017/5/31) 買取価格:9万円

ダイヤチケット

出典:ダイヤチケット

京成電鉄全線乗車証・切符タイプ(有効期間90日以上)買取価格:800円~
京成電鉄電車全線・定期タイプ(有効期間6カ月以上)買取価格:12万円~
京成電鉄電車・バス全線・定期タイプ(有効期間6カ月以上)買取価格:12万円~

ルネッサンス

出典:ルネッサンス

京成電鉄電車全線株主優待乗車証(有効期限2か月~)買取価格:350円
京成電鉄電車全線優待パス(有効期限2か月~)買取価格:6万5000円

※買取価格は2016/10/23現在の価格です

相場と高く売れる時期


有効期限が長いと高く売れる

京成電鉄に限らず、電鉄系の株主優待券は有効期限が長いと高く売れる傾向があります。
株主優待券、通称「株優」(かぶゆう)は年に2回送られて来ます。権利確定日に当たる3月31日と9月30日です。3月31日は5月送付分で、11月30日まで有効、9月30日分は11月に送付され、翌5月30日まで有効です。そろそろ翌年5月まで有効の株主優待券が送られてきますね。実は、京成電鉄の新券で未使用品の乗車証はこれからますます高値で取引される可能性があるのです!

京成電鉄株主優待券の売り時


年末年始やGW、お盆前後の時期

京成電鉄は東京の「京」と成田の「成」の頭文字を組み合わせて「京成電鉄」です。京成電鉄は、東京と成田空港を結ぶ「スカイライナー」が有名ですね。年末年始やGW、お盆前後に海外旅行などで混雑する電車です。

が、この時期は特に旅行者や移動する人で京成電鉄の株主優待券の乗車証は需要が多くなります。この時期は換金率も高くなるとの情報もありますよ。自分で使わないのならば速やかに売るのが得策と言えそうですね。

株主優待券が届いたらすぐに売る

株主優待券は、使用期限が迫ってきたら買取価格が極端に下がるといわれています。購入する側にとってみればお得に手に入るのでうれしいですが、やはり売る側としては高価買取してもらいたいもの。目安としては「90日」。ここを過ぎると、特に優待冊子は買取不可になってしまうことも。せっかく高く売れる時期がはっきりしている株主優待券です。売り時を見極めて高価買取してもらいましょう。

京成電鉄株主優待券の有効活用方法


早めに自分で使う

京成電鉄の優待冊子は使い勝手が良いのも特徴です。ぜひ有効活用しましょう。旅行にショッピングにグルメ、レジャーなど。またリフォームや自動車教習所の割り引きなどにも使えます。例えば、水戸京成ホテル・京成ホテルミラマーレの宿泊料金20%割り引きは優待券8枚、レストラン飲食料金の10%割り引きにも適用されます。早めに自分で使うのが一番の有効活用かもしれません。

換金方法を検討する

有効期限が迫った株主優待券は、チケットショップなどに持参しても買い叩かれるだけ。それならいっそネットオークションに出して見ましょう。オークションは手間がかかり非効率かもしれません。が使わないのであれば、できるだけ高価で買い取ってもらう方法を検討する必要があります。ダメ元で出してみてはいかが。オークションも慣れるまでは大変ですが、コツをつかめば使えますから。

必要としているチケットショップ探す

チケットショップによっては、京成電鉄の株主優待券が不足している店舗があるかもしれません。そこなら、有効期限が近い株主優待券も買い叩かれないで済む可能性があります。ネットなどで探してみる、実際に自分の足で探してみるのも良いでしょう。

まとめ

出典:京成電鉄

京成電鉄の中で最も有名なのがスカイライナー。日暮里と成田空港を36分で結びます。時速は最高160kmを超え、あっという間に成田に到着するイメージがあります。京成電鉄は東京と千葉を結び、沿線に住む住民の大切な足でもありますよね。

鉄道事業のほか、不動産業も展開している企業です。株主配当も安定しているのでしょう。せっかく京成電鉄の株主優待券を持っているのならば、ぜひ有効活用しましょう。使わないなら速やかに売り、高価買取してもらう。これが最も有効な買取のコツといえます。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP