ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中古ブランド販売「eLADYeLADY」ユーザー評価と高価買取のコツ

  • ガジェット通信を≫

中古ブランド商品の売買で不安なのが、購入した商品が本物かどうか?という点。中古品といっても一流ブランドの商品ならそれなりの値段はします。それなのに、いざ買取してもらおうと思ったら偽物で買取を拒否されるなんて、許せませんよね。中古ブランド品売買のユーザー評判が高い「eLADY」を例に、中古ブランドアイテムの売買について、注意する点や高く買取してもらうコツを解説します。

eLADYとは

中古のブランドアイテムを取り扱うリサイクルショップ「eLADY」。販売する商品は、全て独自の基準で鑑定を行い、本物であることが保証できるもののみ。多大な資金を投入して、ブランド鑑定のスペシャリストの協力のもと、偽物などの不正商品の流通には厳しく対処します。

eLADYで購入した商品が、万が一、不正商品だった場合には代金補償ありという姿勢で、実際に購入したユーザーの評判も上々です。

eLADYユーザーの評価

ショップ評価

楽天のショッピングサイトで、eLADYの口コミ評価は4.41(※2016年10月22日調べ)です。
品揃え  4.32
情報量  4.11
決済方法  4.57
スタッフ対応  4.43
梱包  4.58
配送  4.47

全ての項目で4以上の評価を得ていて、最も低い「情報量」でも4.11という結果は、ユーザー満足度の高さを語っています。

利用者の年齢層

ユーザー評価の年齢層を見てみると、男女ともに30代が圧倒的に多く、次いで40代・50代となっています。
楽天などの通販サイトでは、口コミを記入する年齢層が全体的に低めの傾向がありますが、eLADYの年齢層は高め。人生経験を重ねて、本物にこだわる年代から指示を集めていることがわかります。

ブランド買取に初チャレンジ!

ブランドバッグや高級時計を処分したい時、「リサイクルショップに売れば?」「オークションに出せば良いのに」などとアドバイスされたことはありませんか? いまや、ブランド買取は、ブランド品処分の定番になっていますが、まだ買取を経験したことない人だったら、どこへ持っていって、どんな交渉をしたら良いかすら不安に感じるでしょう。

ここからは、ブランド買取を初めてチャレンジする人のために、注意点や失敗しないための基本的な知識を解説していきます。

買取ショップ編

ブランド買取専門店

もっともおすすめなのは、「ブランド品専門買取店」へ買取依頼をする方法です。最近では、街中にもたくさんショップがありますし、ネットで「ブランド 買取」と検索するだけで、多くの買取専門店が出てきます。その中で、最もおすすめしたいのが「ブランド専門」というショップです。

取り扱いジャンルを「ブランド品」に特化している専門買取店では、商品に対する専門知識や情報が豊富で、商品価値を正しく見極めてくれるという利点があります。

総合リサイクルショップ

引越しなどで、ブランド品と一緒に家電、楽器、インテリアなどもまとめて処分したいという時には、総合リサイクルショップがおすすめです。専門買取店よりも査定価格は低くなる傾向がありますが、ブランド専門買取店で断られたアイテムにも、値段が付く可能性があります。

インターネット編

ヤフオク!

状態が悪く、買取店で断られたブランド品は、ネットオークションに出品するという方法にもチャレンジしてみましょう。

もともと、マニアックな商品は買取店よりも高く売れるという定評があり、日本未発売のデザインや限定商品などのレアアイテムには予想外の高値がつくこともあります。オークション出品は、個人売買ですから、後々トラブルにならないように、オークション出品のコツなどをしっかり勉強してから挑むことをおすすめします。

オークション代行

オークションには興味あるけど、自分で出品するのはハードルが高いと感じる人は、「オークション代行」に依頼する方法がおすすめです。
普段からオークションを使い慣れている人なら良いですが、ヤフオク!に出品するにはYahoo!の有料会員になる必要があります。月額会費が必要なので、単発で出品するには手続きが少々面倒です。

オークション代行は、オークションで高く売るコツを身に着けたプロが、売りたい商品の出品準備から発送までを代行してくれるので安心して丸投げしてみるのも良いですね。

フリマ

暇に時間に、コツコツと自分で売りたいという人は、スマホから簡単に出品できるフリマアプリがおすすめです。売りたい商品の価格を自分で決めて、空いた時間を利用しながら不用品の処分ができるので、主婦や若い年代の女性に大人気です。

高く売るコツ


早く売る

中古品は、ブランド品に限らず、どんな商品も“できるだけ早く売る”というのが鉄則です。

市場に流通している商品は、販売当初から日数が経過するほど査定価格は低下していきます。特に女性のバッグや洋服の流行の移り変わりは早く、衣類だったら2~3年以上経過すると、買取店では値段が付かないどころか、買取を拒否される可能性が高いです。

キレイにする

バッグの底に、ホコリやしわくちゃになった紙くずが入ったままなんていうのは以ての外。特にブランドバッグは、型崩れや皮の劣化は大きなマイナスポイントです。

また、タバコ・香水・カビのニオイも減額査定の要因の一つです。査定を依頼する前には、落とせる汚れは拭き取り、バッグの中も掃除機の隙間ノズルを使って、小さなゴミまでキレイに吸い取っておきましょう。

付属品を揃える

ブランド品を購入すると、外箱・保証書・ギャランティカード・保存袋・説明書などの付属品がついてきます。これらの付属品が全て揃っているほど、査定には有利です。

これからブランド品を購入するという人は、後々売却することを考えるなら、全ての付属品を保管しておくようにしましょう。

買取依頼時の注意


身分証明

中古品を買取してもらうには、必ず身分を証明する書類が必要です。一般的には、運転免許証・保険証・パスポートのいずれかがあれば問題ありませんが、これらの証明書がない場合には、他にどのような書類で代用できるかを買取店に確認するようにしましょう。

よく勘違いされるのが、社員証や予備校の学生証です。これらは、民間が発行するもので、買取の際の身分証明書としては認めてもらえません。また、マイナンバーも不可というケースが多いです。

現住所が違う

宅配買取や出張買取を依頼するケースでは、証明書と引き取りにいった住所が異なる場合、買取してもらうことはできません。引っ越したばかりで住所変更が間に合っていない時には、電気や水道の公共料金の振替済み領収書など、複数の書類の提示を求められます。

まとめ

ブランド買取では、市場での人気度・商品の状態・店舗の在庫状況によって査定価格が異なります。また、自身も中古で購入した商品だと、本物か偽物かという点も怪しい場合があります。

ブランドの中古売買は、信頼できるお店を選ぶことが最も重要なポイントです。一括査定で提示される価格だけにこだわるよりも、ユーザー評価なども参考にして選ぶことをおすすめします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP