ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元クラクソンズのジェイムズによるショック・マシン、デビュー作を2017年2月にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元クラクソンズのジェイムズ・ライトンによるソロ・プロジェクト、ショック・マシンが、2017年2月17日にデビュー・アルバムをリリースする。

 『ショック・マシン』は、南スランスの人里離れた山小屋で、アークティック・モンキーズらを手掛けたプロデューサーのジェームス・フォードによりレコーディングされ、ベン・アレンによってミックスされた。

 アルバムには、21世紀というレンズを通した真にモダンな10曲が収録。一方、これらの楽曲は、トッド・ラングレン、デニス・ウィルソン、初期のポール・マッカートニー、ロキシー・ミュージック等から影響を受けたタイムレスなポップ・ミュージック的要素も感じさせ、ジェイムズは収録曲を「アシッドを加えたエルトン・ジョンのベニーとジェッツ」と表現している。

 なお、アルバムのアートワークは、ロブ・カーマイケルが手掛けている。

◎「Lost In The Mystery」MV
https://youtu.be/FUS4mX_irFE

◎『ショック・マシン』トラックリスト
01. Open Up The Sky / オープン・アップ・ザ・スカイ
02. Unlimited Love / アンリミティッド・ラヴ
03. Shock Machine / ショック・マシン
04. Lost In The Mystery / ロスト・イン・ザ・ミステリー
05. Let Her Love In / レット・ハー・ラヴ・イ
06. First Of May / ファースト・オブ・メイ
07. Fire Up My Heart / ファイア・アップ・マイ・ハート
08. Strange Waves / ストレンジ・ウェイヴス
09. Get You / ゲット・ユー
10. Something More / サムシング・モア
※日本盤ボーナス・トラックを追加収録予定

◎リリース情報
『ショック・マシン』
ショック・マシン
2017/2/17 RELEASE
2,300円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイ、地球への最後の贈物『ラザルス』より未発表音源が公開
プリンス出演ライブ映画、一夜限りの“絶響”上映決定
マーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」が米でダイヤモンドディスクに認定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP