ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリス・ロビンソン・ブラザーフッド、2016年7月リリースした4thアルバムの姉妹作を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 約3か月前に発表されたクリス・ロビンソン・ブラザーフッドの4枚目のアルバム『エニウェイ・ユー・ラヴ、ウィー・ノウ・ハウ・ユー・フィール』の姉妹作『イフ・ユー・リヴド・ヒア、ユー・ウッド・ビー・ホーム・バイ・ナウ』が2016年11月23日にリリースされる。

 『イフ・ユー・リヴド・ヒア、ユー・ウッド・ビー・ホーム・バイ・ナウ』は『エニウェイ・ユー・ラヴ、ウィー・ノウ・ハウ・ユー・フィール』と同時期にレコーディングされた作品。この2作のレコーディングにあたり、クリス・ロビンソンはよりオープンマインドの姿勢で挑み、バンドのメンバー変更を受け入れ、常にバンドがライヴで見せてきた“即興”に傾倒した方法でレコーディングを行った。

 「こうした変化をチャレンジとは思わずに、ちょっとエキサイティングな事、と捉えるようにしたんだ。自分たちの表現が自分たちを何処に連れていくかを知る良い機会となったよ。レコーディングの際に本当にピリピリするような人もいるようだけど、僕らにとってはちょっとゆったりとしたほうがベターなんだ。まさに直観でアイデアが湧き出すところに従ったんだ。僕がかかわった作品の中でも最もスポンテイニアスな作品だ」とクリスは語っている。

◎「New Cannonball Rag」音源
https://goo.gl/yAL7sQ

◎『イフ・ユー・リヴド・ヒア、ユー・ウッド・ビー・ホーム・バイ・ナウ』トラックリスト
1. New Cannonball Rag
2. Shadow Cosmos
3. Roan County Banjo
4. From the North Garden
5. Sweet Sweet Lullaby

◎リリース情報
『イフ・ユー・リヴド・ヒア、ユー・ウッド・ビー・ホーム・バイ・ナウ』
クリス・ロビンソン・ブラザーフッド
2016/11/23 RELEASE
2,200円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・ロビンソン・ブラザーフッド「最も“即興性”のある作品」と語る初のセルフ・プロデュース作を8月にリリース
デヴィッド・ボウイ、地球への最後の贈物『ラザルス』より未発表音源が公開
プリンス出演ライブ映画、一夜限りの“絶響”上映決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP