ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソロ・デビューを果たした、ナイル・ホーランが書いた1Dの名曲10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワン・ダイレクションのメンバー、ナイル・ホーランがいち早くソロ・デビューを果たし、2016年9月29日にリリースしたデビュー・シングル「ディス・タウン」が、米ビルボード・ソング・チャートで前週の63位から25位へ、一気にジャンプアップするヒットを記録している。

 この曲は、「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」(2013年)など、ワン・ダイレクションのヒット曲に携わってきたジェイミー・スコットと、ナイル・ホーランの共作で、「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」では、ナイルも作曲者としてクレジットされ、相性の良さをみせている。

 ナイルのデビュー・アルバムは、リリース日がまだ発表されていないが、現在制作中と本人がコメントしていて、2017年の春頃には、おそらく発売されるのではないかと思われる。ナイルのソロ・デビューを記念して、これまでリリースした、ワン・ダイレクションの5枚のアルバムの中から、ナイルが制作した楽曲を厳選して10曲ご紹介する。

◎「エヴリシング・アバウト・ユー」(2011年)
1stアルバム『アップ・オール・ナイト』より
デビュー曲「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」に通ずる、若さハジけるアップ・チューン。ライブでも盛り上がるナンバーで、サビの「ユー・ユー・ユー」では、曲に合わせてジャンプするファンも多い、1D王道中の王道ともいえる1曲。シングル・カットはされなかったが、この曲がシングルの候補として挙がっていても、おかしくはない完成度の高いポップ・ソングだ。

◎「テイクン」(2011年)
1stアルバム『アップ・オール・ナイト』より
想いを寄せる相手が、自分に気持ちがないことを切なく歌う、ナイルらしい、優しいメロディが印象的なミッド・チューン。当時10代だった彼らにとって、曲を解釈するのが難しいナンバーだったとは思うが、見事に歌い熟している。制作当時、若干18才とは信じ難いナイルのソング・ライティングにも感服する。

◎「リヴ・ホワイル・ウィアー・ヤング」(2012年)
2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』より
先行シングルとして、アルバム発売の2か月前にリリースされ、デビュー曲「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」の最高位4位を上回る、初のTOP3入り(最高位3位)をマークした、1Dの人気を確立した大ヒット曲。メンバーの楽しそうな表情が印象的なミュージックビデオでは、曲を手掛けたナイルがギターで弾き語りするシーンもある。

◎「チェンジ・マイ・マインド」(2012年)
2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』より
ナイルのソロ・パートも光る、切ない男心を歌った、お得意のメロウ・チューン。「君があと少し一緒にいて欲しいって言ったら…」と歌う、5人のハーモニーがピッタリ重なったサビがすばらしく、ライブでは女子たちがうっとり聴き入ってしまうナンバーだ。制作には、ブリトニー・スピアーズ等大スターを手掛ける、ラミ・ヤコブも参加している。

◎「ストーリー・オブ・マイ・ライフ」(2013年)
3rdアルバム『ミッドナイト・メモリーズ』より
3rdシングルとしてカットされ、全米では6位、UK(英国)では2位、デンマーク、アイルランドでは首位をマークするなど、世界中で大ヒットを記録したナンバー。これまでのシングルはアップテンポのものが多かったが、1Dにとってミッド・チューンのタイトルがTOP10入りしたのは、この曲が初となる。

◎「ドント・フォーゲット・ホエア・ユー・ビロング」(2013年)
3rdアルバム『ミッドナイト・メモリーズ』より
壮大なサビが印象的なバラード曲。マクフライのトム・フレッチャーやダニー・ジョーンズと共作したナンバーで、ライブでは、ナイルがギターで弾き語りすることが多い。この頃から、ポップなタイトルだけでなく、こういった大人っぽい雰囲気の楽曲も歌うようになってきた、彼らの成長が伺える1曲だ。

◎「ナイト・チェンジズ」(2014年)
4thアルバム『フォー』より
2ndシングルとしてカットされ、UK(英国)チャートでは7位をマークした、ファンからの人気も高い1曲。ミュージックビデオは、5人それぞれとデートしているようなシチュエーションで作られていて、脱退を発表する前のゼインが、水とパスタを頭からかけられるシーンが話題となった。

◎「フールズ・ゴールド」(2014年)
4thアルバム『フォー』より
ナイルのデビュー・シングル「ディス・タウン」に最も近い、アコースティックな雰囲気のナンバーで、今のナイルを確立させた1曲といっても過言ではない。1stアルバムでは決して表現できなかった、20代になったばかりの彼らの大人っぽさも際立っていて、アイドルからアーティストへと、進化を遂げる成長過程も伺える。

◎「ネヴァー・イナフ」(2015年)
5thアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』より
アップ・チューンではあるが、これまでのアルバムに収録されていたナンバーとはまた違う、バウンスの効いた、男っぽさを醸し出した1曲に仕上がっている。曲を手掛けたナイルにとっても、新たな挑戦となった。ゼインが脱退し、4人で再出発した初のアルバムだったが、違和感をまったく感じさせない4人の一体感もすごい。

◎「A.M.」(2015年)
5thアルバム『メイド・イン・ザ・A.M.』より
デラックス・エディションのみに収録されたナンバーで、ナイルが曲を手掛けたことがすぐに分かる、アコースティック・ギター1本で仕上げたバラード曲。「いつだって帰るのはこの場所」と歌っているのは、女性に対してではなく、ファンに向けてのメッセージだったのかもしれない。

Text:本家一成

◎リリース情報
「ディス・タウン」
ナイル・ホーラン
2016/9/29 RELEASE
https://goo.gl/0F5jjP

関連記事リンク(外部サイト)

ナイルの人間性が全面に出た、温かみのあるラブソング「ディス・タウン」(Song Review)
ワン・ダイレクションのナイル、新曲への“信じられない反応”にコメント
ワン・ダイレクションのハリー ポップス界の貴公子マイケル・ブーブレの新作に参加

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP