ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「本当に最後」『闇金ウシジマくん』フィナーレ舞台挨拶に山田孝之らキャスト勢揃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫


現在公開中の『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』の公開初日舞台挨拶が、10月22日、お台場シネマメディア―ジュにて行われ、山田孝之、綾野剛、永山絢人、安藤政信、間宮祥太郎、YOUNG DAIS、最上もが、高橋メアリージュン、玉城ティナ、太賀、崎本大海、やべきょうすけ、山口雅俊監督が登壇した。

 実写版『闇金ウシジマくん』シリーズのフィナーレとなる本作で、悪徳闇金業者ウシジマを6年間演じてきた山田は、「初日に映画を観に来てくれてありがとうございます」と簡単に挨拶した。山田に続きコメントを求められた綾野は「何を言うか忘れちゃった」とおとぼけモード。そんな彼に観客から「カッコいい!」と声が上がると、「おかしいでしょ!」と突っ込み、笑いを取る場面も見られた。

 本作で、過大な借金を背負い、過酷な労働を強いられる役を演じた永山と太賀は、寒い山の中で撮影に挑んだという。撮影に関して、二人とも口を揃えて「過酷だった」と答えたが、太賀は「汚くて暴力しかなく、心がすさんだが、それがしっかり映像に焼き付いていて安心した」と語った。シビアなマネーゲームをリアルに描いてきた山口監督は、「お金より大事なものは何か考えながら作ってきた。映画の中で顎戸兄弟(ウシジマの最凶最悪のライバル)はある選択をするが、選択は自分の責任で、今の自分は過去の自分が選択した結果。この作品を観て、人生について考えるヒントになれば」と、感慨深いコメントを述べた。

 最後に、山田は「本当にこれで最後。観れば次はないというのが分かります。見事に終わらせることができました。やべさん、崎本くん、監督ありがとう。またどこかで会いましょう!」とシリーズ終了を宣言。観客の声援の中、会場を後にし、舞台挨拶は幕を閉じた。

 ◎作品情報
『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』
2016年10月22日(土)より公開中
監督:山口雅俊

関連記事リンク(外部サイト)

知念侑李「映画主演はいまだに信じられない」 内村監督「『親子みたい』と言われたこともあった」
橋本愛が宮崎あおいにサプライズの手紙 「宮崎さんは愛情深い人だと思います」
松岡茉優、ドラマがつないだ縁に「幸せ」 しながわ水族館の一日館長に就任

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP