ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎「PPAP」が2週連続首位、2位は星野源「恋」が急浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のホット・バズ・ソングは、ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が2週連続の首位を獲得した。

 今週の米ビルボードソングチャート【Billboard HOT 100】でも日本人として26年振りとなるチャートインを果たし、週間動画再生回数は日本人初の世界一となるなど、世界的に話題となっているピコ太郎「PAAP」。日本国内の週間動画再生数は前週を上回る2,245万2,680回達成。動画再生のみならずダウンロードも前回よりポイントを1.5倍も伸ばし、順位も19位から13位に。さらにラジオでも100位にランクインするなどヒットの波が広がっており、次週以降の動きも気になるところだ。

 また、2位には星野源「恋」が浮上。ダウンロードが先週よりスタートし、ダウンロードとストリーミングで2位以下を大きく引き離し首位となるほか、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演中の新垣結衣との「逃げ恥 恋ダンス」映像が話題となりTwitterでも首位になるなど、全ての指標が10位圏内を獲得している。

 そして3~5位は映画『君の名は。』関連曲がランクイン。2ヶ月近いロングヒットを更新しているRADWIMPS「前前前世」、「なんでもないや」に加えて、上白石萌音「なんでもないや」がダウンロード9位、Twitter5位、動画再生36位とバランス良く積み上げている。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年10月24日付)
1位『ペンパイナッポーアッポーペン』ピコ太郎
2位『恋』星野源
3位『前前前世』RADWIMPS
4位『なんでもないや』RADWIMPS
5位『なんでもないや』上白石萌音
6位『道』宇多田ヒカル
7位『TIME FLIES』ACE OF SPADES × PKCZ feat.登坂広臣
8位『Blood Sweat & Tears』防弾少年団
9位『スパークル』RADWIMPS
10位『Welcome to TOKYO』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

関連記事リンク(外部サイト)

2016年10月24日付 Billboard JAPAN HOT 100
【ビルボード】星野源、ダウンロードと動画再生増で関ジャニ∞を抑え、JAPAN HOT100総合首位 全米77位のピコ太郎、動画再生2,200万回超えで総合3位
【米ビルボード】チャートインしたピコ太郎よりコメント到着、「余りの驚きで、水道が止まりました!!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP