ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝統の新入生歓迎行事「レーズン・マンデー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月17日、スコットランド最古の歴史を持つセント・アンドルーズ大学で、新入生歓迎の伝統行事「レーズン・マンデー」が行われた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

起源は1413年の創立当初からと古く、学校に馴染めるように面倒をみてくれた在校生に感謝を表すため、新入生がレーズンを送っていたことに由来するもの。時の流れを経て、レーズンがワインに変わり、泡をこすりつけ合うイベントが主役になった。

セント・アンドルーズ大学は、英国の上位1.2%の学生が集まるとされる入学難度が非常に高い名門校。卒業生には、イギリスのウィリアム王子やキャサリン妃、古くは政治家・物理学者のベンジャミン・フランクリンが有名だ。
最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします

(R25編集部)

伝統の新入生歓迎行事「レーズン・マンデー」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

一度は行きたい!映画&ドラマの絶景ロケ地TOP10
「EU離脱が就活に影響」の噂に日本の大学生が悲鳴
亀屋万年堂社長「“やりがい”だけでは立ちゆかない」
独身男が“距離を感じる”結婚した友人の言動TOP10
社会経験を積むと変化する? “同期”の存在とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。