ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型「arrows」はコンクリに落としても割れない!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモは10月19日、「arrows NX F-01J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表した。

最大のポイントは、「画面が割れにくい」こと。画面割れは落下の衝撃による「ゆがみ」「曲がり」から起こることが多いが、「arrows NX F-01J」は内部のステンレスホルダを厚くし、内部の両側壁にステンレスフレームを追加、さらに7000シリーズアルミニウムを外周に使用することで「ゆがみ」「曲がり」を軽減させている。これにより、高さ1.5mから26方向でコンクリートに落下させる試験をクリアしたという。さらに防水・防塵ほか、米国国防総省が定めたMIL規格の14項目に準拠。豪雨や雪山など、さまざまな環境で使うことができるそうだ。

また「arrows NX」シリーズは、画面を見るだけでロック解除や、各サイトにログインできる「虹彩認証」が特徴だが、本機はさらに精度が向上。明るい場所や揺れる電車内などでもスムーズに認証ができ、高セキュリティと使いやすさを両立した。

さらに音質についてもこだわりを持ち、国内の歴史ある音響機器メーカー・ONKYO監修による高いサウンドクオリティを実現。イヤホン回路に、音響特性のよい部品を採用し、デジタルノイズやゆがみの少ない音質になっている。なお、ハイレゾ音源の再生に対応しているのもポイントだ。

背面カメラは、2300万画素の広角カメラ。カメラの起動から約0.6秒でシャッターを押すことができる「高速起動」と、富士通独自の「コントラストオートフォーカス」技術に「位相差オートフォーカス」が加わった「高速ピント合わせ」を実現し、決定的瞬間を逃さない。

電車などでたまに、画面が割れた状態のままスマホを使い続けている人を見かけるが、本人が一番残念に思っているはず。スマホをよく落としたり、画面を割ったりした経験がある人はチェックしてみよう。

(島尻明典/verb)

(R25編集部)

新型「arrows」はコンクリに落としても割れない!?はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

国産タブレットのスゴイ進化
ビジネスマンあるあるスマホ失敗談
「かっこいい」「SUGOI」とドコモCMが海外で大人気
震災後1年 安否確認サービス充実
SB居合動画でドコモ、au挑発?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP