ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの白米千枚田のイルミネーションが、今年も開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです。

2万個以上のLEDによる
「光の絨毯」

改めて説明すると、「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」とは、石川県輪島市にある棚田のこと。2011年6月に日本初の世界農業遺産に認定。日本海に面して小さな田が重なり海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定されるなど、奥能登を代表する観光スポットとして親しまれています。

「あぜのきらめき」は、この白米千枚田で開催されているイルミネーションイベント。棚田のあぜに設置されているのは、なんと2万個以上のソーラーLED。30分ごとにピンク色と黄色が切り替わり、訪れる人を魅了します。

自立式の発光装置
「ペットボタル」を使用

このLEDは、「ペットボタル」と名付けられた独自のLED装置。昼間の太陽光エネルギーで充電し、暗くなると自動で発光するという、なんともクリーンな光なのです。ちなみに、「ほたるびと」と呼ばれるボランティアが、一つひとつ丁寧に設置しています。

開催期間は2017年3月12日(日)まで。クリスマスやバレンタインには特別イベントもあるそうなので、いまから旅の予定を立て始めるのもイイかもしれません。

【概要】
あぜのきらめき
・期間:2016年10月15日~2017年3月12日
・時間:日没より約4時間
・場所:白米千枚田(石川県輪島市白米町ハ部99番地4)
・料金:無料

Licensed material used with permission by 輪島市役所交流政策部観光課

関連記事リンク(外部サイト)

棚田とイルミネーションのコラボ!能登半島「あぜのきらめき」が美しすぎる
都内から90分「大山千枚田」のライトアップが幻想的・・・
今年もまた、目黒川に咲き誇る「冬の桜イルミネーション」が開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。