体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フランス人はポテトにケチャップをつけない〜フランスと日本のマクドナルド5つの違い〜

海外のマクドナルを訪れた際に、日本のマクドナルドとは微妙に異なる違いを発見するのも楽しみのひとつです。

例えばヨーロッパを訪れると、教会を彷彿とさせる外観やゴージャスな雰囲気の店舗を目撃することも。国内の店舗とは、かなり異なる印象です。今回はフランスのマクドナルドを訪れてみましょう。

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
歴史ある街並みと一体化した、南仏モンペリエ市内のマクドナルド
(C) sweetsholic

フランスのメニューはココが違う

現地の人たちの嗜好やその国の食文化を反映しているマクドナルドのメニュー。中国や台湾など中華圏なら朝食メニューで「お粥」が選べたり、イギリスでは肉の代わりにヒヨコ豆やスパイス入りのパティを挟んだベジタリアン用バーガーを用意していたりしますが・・・フランスにもそんなメニューがあるのでしょうか?

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
(C) mcdonalds.fr

基本のメニューはビッグマックやダブルチーズバーガーなど、国内とそれほど変わりません。鴨肉のパティやフォアグラを挟んだバーガーなどがあれば、フランスらしいのに! 唯一フランスらしいと感じるのが、レギュラー化されている「シェーブルチーズのラップサンド」。ヤギのチーズにパン粉を付けて揚げたものを小麦粉のトルティーヤで包んだラップサンドイッチです。

9割がタッチパネル

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
(C) sweetsholic

フランスにある実に9割の店舗がタッチパネルを採用。「最も嫌いなアメリカのファストフード」に選ばれたマクドナルドに劇的な変化が!でもご紹介した通り、カウンターかタッチパネルでの注文が可能です。

■あわせて読みたい
「最も嫌いなアメリカのファストフード」に選ばれたマクドナルドに劇的な変化が!

これはびっくり! ドリンクに「ビール」が選べちゃう!

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
(C) sweetsholic

フランスのマクドナルドでおそらく一番びっくりするのが、ドリンクに「ビール(ハイネケン)」のチョイスがあるということ! マクドナルドはバーではないため「ビールのみの注文はお断りしています」(店員談)とのことですが、セットで頼むとソフトドリンクと同じ値段でビールのオプションがあります。

ポテトにはケチャップでなく、マヨネーズが基本です

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
(C) sweetsholic

フランスではポテトにケチャップよりも、圧倒的にマヨネーズを合わせていただくことが多いのですが、これはマクドナルドでも同じです。マヨネーズベースのソースを付けていただきます。

日本のマクドナルドとココが違う! ビールが飲める「フランス編」
(C) sweetsholic

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy