ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「大丈夫」と言った相手が全員不幸になるお笑い芸人の話

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

特に理由はないけれど、このひとと居ると不吉なことが起きてしまう、という方があなたの周りにも少なからず居る筈だ。関わる人間を不幸にしてしまう体質であるという、サンミュージック所属のお笑いコンビ「夕暮れランプ」の後藤さんが語ってくれたのは、そんな不幸なエピソード。

合格したら所属になれる

サンミュージックには、ネタ見せに合格すると出られる「プレGETライブ」という若手のライブがある。そこで3回勝ち進みに(サンミュージックの)社員に合格を貰えると、晴れて「所属」になることが出来る。後藤さんたちもそのひとりだ。その為、先輩芸人の元には後輩の芸人が「あの、サンミュージックに行きたいんですけど、大丈夫ですかね」という具合に相談に来るのだという。だから後藤さんは、その度に「お前ら面白いから、大丈夫!」と優しく声を掛けてあげるのだそう。

実際は受からせる為の審査

社員の前でネタをやらせるというのも、実際には、もう既に3回も勝ち抜いている為、採ってあげるつもりでライブに出させてあげているのだそう。その為、余程ヒドいトラブルを起こしただとか、失敗してしまったとかではない限り、ほとんど落ちることはないのだという。相談を受けていたある後輩も、無事に3回勝ち進んで、社員の前でネタ見せを行った。「ほぼ落ちることないから大丈夫な筈」と思っていた後藤さんの予想は裏切られ、なんと、その後輩は落ちてしまったのだそう。「後藤さん、ダメでした」と落ち込む後輩に「そんなこともある。まあ、大丈夫大丈夫。もっといい事務所あるから」と慰めることしか出来なかった。

また、他にもピンの芸人が「僕サンミュージック入りたいんですけど」って相談してきたことがあり、「あ、お前は面白いから絶対に大丈夫だ」って太鼓判を押した。その芸人も3回勝ち抜いて社員の前に出ることが出来た。「ああ、これはもう大丈夫だ」と思っていたら、その芸人までもが落ちてしまった。それをきっかけに後藤さんはようやく、あることを確信した。

「大丈夫」をやめた日

僕が「大丈夫だよ」って言うと、言われた方は皆入れなくなってるんです」と後藤さん。落ちた理由は謎で、なんでダメなのかが全く分からない。本当に面白い筈なのに、何故かみんな落ちる。後藤さんが相談に乗った相手で「大丈夫、お前入れるよ」って言うと、必ず駄目になってしまう。つまり、自分のせいなのかも知れないと考えた後藤さんは、これからサンミュージックにお世話になろうと考え、ネタ見せに来てる後輩には、「頑張れ」としか言っていないのだそう。「頑張れ」ならセーフかも知れないから。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP