ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大久保佳代子、近藤春菜らとファンが考える「SMAPと私」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 17日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の人気コーナー『S・LIVE』のゲストが話題になっている。17年ぶりのスマスマ出演となったのは、2001年に活動休止(その後、解散)し、今年再結成を果たしたTHE YELLOW MONKEYだったから――。

「このタイミングで、イエモン…。“たとえ活動休止しても再結成の道がある”って、そんなことを言っているかのようなキャスティングに、スタッフの心意気を感じました」(派遣・48才女性)

 SMAPが年内の解散を発表してからはや2か月。最後の舞台がどうなるかいまだ不明のなか、メンバーと交流のある人たちが、次々に声を上げている。8日深夜には、『今夜も生でさだまさし』(NHK)に出演した笑福亭鶴瓶(64才)が「こんな終わり方アカンよ」と訴えた。

「日本に閉塞感があったときでも、あんだけの歌で楽しませてくれた。あんなん(SMAPみたいなグループは、今後)出ないでしょ? だから、その出ない人のエンディングじゃないなと思うんですよね」(鶴瓶)

 少し前には『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、中居正広(44才)がいない間に、スピードワゴン・井戸田潤(43才)が「SMAPいなくなっちゃうんだよ。悲しいし寂しいよ」と口火を切った。

「ピンで会うと全然緊張しないんだけど、SMAPってすごいのは、5人そろったときにバッと見たときには、はっ! ってやっぱり思っちゃう…」(大久保佳代子・45才)

「大人の5人が決めたことなんで解散後は好きなことやっていただけたら。今までできなかったことがたくさんあると思うので」(ハリセンボン・近藤春菜・33才)

 BGMは『夜空ノムコウ』。出演者だけでなく、スタッフのメッセージもつまっていた。それは他の番組でも同じ。最近の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)や『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)では、SMAPの名曲がBGMとして多用されている。

 本誌もまた同じ気持ちでいる。1991年のデビューから彼らを取材し続け、さまざまな形で誌面を彩ってくれた。年末へ向けてカウントダウンが始まるなか、本誌は彼らとともに良いときも悪いときも過ごしてきたファンの25年を振り返りたい。

 ファンの間で有名な写真がある。それは、デビュー20周年となった2011年に、ファンに贈られたパスケースに入っていた1枚のSMAPの写真だ。

 20年以上前からSMAPを追っかけ、長男(26才)、長女(24才)とともに一家で彼らを応援し続けてきた高橋直美さん(仮名・51才)が言う。

「子育て中にもSMAPは、本当によく聴いていました。私の両親もまだ小さな子供たちも、みんなで楽しめる曲ばかりで。リオ五輪でも『ありがとう』が使われていましたけど、『世界に一つだけの花』とか、すべてが私たち家族の共通言語でした」

 高橋さんにとって、この1枚こそ「SMAPそのもの」

「今から5 年前なので、もう世間一般では中年のおじさんですよね。でも私は、この写真を見て、改めて“すごいなぁ”と思ったのを覚えています。もちろん若い時も素敵なんですけど、いくつになっても“今が最高にカッコいい!”と思わせてくれる存在って、なかなかいないですよね。私も年を重ねていくなかで、すごくパワーをもらえた。だから、50代の5人が見たい。還暦の5人が見たいです」(高橋さん)

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
SMAP スマスマ楽屋ではそれぞれの時間を過ごしているらしい
SMAP上海公演中止 中国政府に対し中国人ファン激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP