ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キヤノン一眼レフをAndroidから操作できる「DSLR Controller」がついに正式版 v1.00に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ChainFire 氏がこれまでベータ版アプリとして提供してきた「DSLR Controller」を v1.00 の正式バージョンとしてリリースしたことを発表しました。DSLR Controller はキヤノン EOS シリーズのデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラをワイヤレスまたは USB ホストケーブルでスマートフォンから操作できるようにするカメラコントローラーアプリです。950 円の有料アプリとなっています。v0.99 から v1.00 への切り替えに大きな意味はないとされていますが、様々な新機能が追加されています。新機能は、比較的最近発売された 5D Mark IV と 80D のサポート、Android 7.0 の公式サポート、NFC タッチでのペアリングのサポート、USB モードにおけるライブビュー解像度の選択機能のサポート、写真撮影時のコンティニュアス AF と動画撮影時のサーボ AF のサポートです、また、動画モードで、HDR 動画や 24p 動画、ハイフレームレート(HFR)モードによるスーパースローモーション撮影にも対応しました(パラーメータは変更不可)。「DSLR Controller」(Google Play)Source : Google+

■関連記事
ZTE、10月27日にAxon 7 Maxを発表か?
Android 7.1ではシステムアップデート後の最適化処理がバックグラウンドで実行される
Google、Chrome 55 Betaで入力イベントを扱う仕組みを刷新し、Javascriptのasync/awaitをサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP