ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 7.1が早くもGalaxy Nexusに移植される(AOSP ROM)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先週リリースされた Android 7.1(Developer Preview)が早くも Galaxy Nexus に移植されました。今回の移植劇は、Android Open Source Project(AOSP)で公開された Android 7.1 Developer Preview のソースコードを用いて Galaxy Nexus 用の ROM が作成されたということです。Galaxy Nexus は既に OS バージョンアップが終了しており、公式アップデートを取得することはありません。ROM は「aosp_7.1_tuna_2016-10-21.zip」として配布されており、カスタムリカバリの ZIP フラッシュメニューから操作することで導入できます。ROM に GApps は含まれていないので、Open GApps などから Android 7.1 に対応した GApps を入手する必要があります。Source : XDA

■関連記事
Android 7.1では端末管理者アプリの設定を無視してアプリを強制的にアンインストールすることが可能
LGは次期フラッグシップ「G6」でモジュラーデザインを不採用
Android Payがブートローダーアンロックした端末で使用不可に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP