ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲酒運転の取り締まりは検問だけとは限らない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飲酒運転の取り締まりは、交通違反の取り締まりを主な任務とする交通機動隊だけでなく、地域に密着した警らを行う自動車警ら隊も行います。飲酒運転の取り締まりといえば検問がよく知られていますが、じつは自動車警ら隊ならではの飲酒運転の取り締まりテクニックがあるのです。

飲酒運転の検問は大通りを避ける

主に夜間に実施される飲酒運転取り締まりの検問は、交通機動隊だけではなく自動車警ら隊も独自に行うことができるもの。警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりです。

自動車警ら隊は、各道府県の警察本部で管轄区域を超えた全域をパトロールしています。自動車警ら隊のパトカーにもストップメーターは付いているので速度違反の追尾も可能です。しかし、実際は飲酒運転の取り締まりが多いといいます。

実際「今月は飲酒運転の取り締まりが少ないからやるか」という感じで、急でも検問を始められます。飲酒運転の検問は幹線道路から1本入った通りが多いとか。大通りを避けるドライバーの裏を突くのです。

飲酒運転のはずなので停車させる

ただし、飲酒運転の取り締まりは検問だけとは限りません。地域に密着した警らを得意とする自動車警ら隊は、繁華街を中心に取り締まり。そこには、飲酒運転の取り締まりテクニックがあるのです。

それは、夕方に繁華街を見回って、駐車場などで車種を覚えておきます。そして、そのクルマの持ち主が帰って来たらすかさず追跡。ほぼ飲酒運転のはずなので、一時停止違反やウインカーの出し忘れなどで停車させます。

そして、飲酒運転で取り締まるというわけ。飲酒運転の取り締まりは検問だけではないということ。自動車警ら隊のパトカーを見つけてたら、決してナメてかかってはいけません。もちろん、飲酒運転は絶対禁止です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP