ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林麻央も実践のジュースクレンズ 期待される効果とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・渋谷の目抜き通りから一本入った場所にひっそりと佇む洋館。白で統一された空間には、大きなガラス窓から柔らかな陽射しが降り注いでいる。扉を開けてゆっくりと入ってきた女性が、出迎えのスタッフに笑顔を投げかける。女性は小林麻央(34才)だ。

「ここはデトックスを目的にした『ジュースクレンズ』のためのドリンクを扱っているカフェなんです。もともとは、麻央さんのお姉さんの麻耶さん(37才)がよく足を運んでいて、その紹介で麻央さんも。ここ3か月くらいはよくいらしているみたいですよ。もともとのイメージよりはだいぶやせた印象を受けますけど、店員さんと笑顔で会話もしていて、闘病中とは思えないほど元気に見えました」(店の常連客)

『ジュースクレンズ』は、食事の代わりに、オーガニックの野菜や果物のみを使ったコールドプレスジュースを飲む美容法のこと。コールドプレスとは低速低温圧搾法のことで、熱や水分を一切加えずにゆっくりと搾り出すため、素材の栄養素や酵素をそのまま抽出できる。

 ダイエットやデトックス効果が期待でき、芸能界ではローラ(26才)や梨花(43才)、マギー(24才)、道端ジェシカ(31才)、ミランダ・カー(33才)もハマっているという。

「流行り始めたのは2年前くらいから。作り置きや保存が利かないので頻繁にお店に行かなきゃならないんですけど、食事制限みたいにつらくないし、パイナップルやりんご、柑橘系のフルーツを中心にしたものから、にんじんやきゅうり、小松菜、セロリ、パセリや赤かぶといった野菜メーンのものまでいろんな味が楽しめるから、飽きがこないんですよ。麻央さんも、スタンダードメニューから日替わりのブレンドまでいろいろ試されているみたいです」(前出・常連客)

 もちろん麻央がジュースクレンズをしているのは美容のためだけではない。『NPO法人がんコントロール協会』理事長の森山晃嗣氏が解説する。

「ジュースクレンズはがん治療にも効果があるといわれています。欧米で100年以上前から取り入れられているゲルソン療法という食事療法の1つがジュースクレンズなんです。
体内の余分な老廃物や有害物質を排出し、心と体を浄化させ、代謝と免疫力を高めてくれます。ゲルソン療法ではにんじんをメーンに野菜ジュースを1日2リットル前後摂取するのが望ましいとされてます」

 10月9日、麻央は自身のブログに《人参ジュース》というタイトルの投稿をした。掲載された写真には息子・勸玄くん(3才)が採ったというレモンと、オレンジ色が鮮やかなジュースが写っていた。

 人間の体は約60兆個の細胞からできていて、常に分裂を繰り返している。その中でときどき、異常な細胞が生まれ、これががん細胞へと変化してしまうことがある。だが、分裂の異常自体は特別なことではなく、誰にでも起こりえること。大切なのは、毎日数千個生まれる異常な細胞が、がん細胞に変わらないような体内環境にしておくことだという。

「それを手助けしてくれるのがジュースクレンズなんです。正常な細胞の代謝は、酵素と、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが主体となって進みます。野菜や果物に熱を加えたり調理するとこのミネラル分がどんどん溶け出していってしまいます。

 ですが低速で搾るジュースクレンズは、栄養素を逃さず、しかも吸収効率も高くなります。がんだけでなく、生活習慣病の予防などにも効果的です」(前出・森山氏)

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
妊娠5か月小林麻央 むくみで結婚指輪外したのではとの証言
小林麻央 暴走族グループの報復が怖くていまも眠れない
海老蔵&麻央 そろいのニット帽とマスクで病院内を歩き回ってた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP