ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻と死別の「ボツイチ」65歳 後妻もらうべきか、諦めるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「バツイチ」という言葉はすっかり定着しているが、最近では配偶者と死別した人のことを「ボツ(没)イチ」と呼ぶのだという。そうした男性にとって、残りの人生での最大の決断は「後妻をもらうかどうか」である。再婚で寂しさから解放されたいが、「子供のことを考えると踏み切れない」と悩む人は少なくない。いま「ボツイチ」65歳、後妻はもらうべきか、諦めるべきか──。

「ボツイチ」ライフを謳歌する人もいる。ポイントとなるのはやはり「女性」の存在だ。3年前に40年連れ添った妻を亡くした68歳の男性は意外にも明るくこう話す。

「実は、飼っていた犬を通じて50代のある女性と知り合ったんです。彼女も離婚していて独り身同士。お互い『俳句』が趣味で、公園などに出かけて一緒に句を詠むようになって、新たな生きがいができました」

 そこで悩むのが、「後妻」をもらうべきかどうかだ。結婚相談所・Bゼルムの池三津秀旗代表は「近年は奥様と死別された男性のお客様が増えている」と話す。

「ご高齢の方の『婚活』は盛んになっていて、60歳以上で配偶者を亡くされた男性の会員数は400人を超えています。

 奥様を5年前に亡くされた67歳のAさんは、お子さんもいなかった。最初は茶飲み友達を探すくらいの軽い気持ちで婚活パーティーに参加したそうですが、品のある52歳のバツイチ女性と意気投合され、3か月ほどの交際を経て再婚されました」

 この男性のようにスムーズに再婚に至るケースは稀で、多くの場合、“後妻候補”が現われても、様々な障壁がある。

 再婚を考えた時、ボツイチ男性に子供がいれば「財産分与はどうするのか」、「誰と同じ墓に入るのか」といった問題にぶつかる。結婚相談所「茜会」の広報担当者はこう話す。

「中高年の方の場合、財産分与やお墓の問題が生じるため、入籍だけがゴールではありません。子供との衝突を避けるため、同居するが籍を入れない事実婚を選ばれる方も少なくない」

 だが、そんな事実婚にも難点があると家族問題評論家の池内ひろ美・八洲学園大学教授はいう。

「例えば入院の手続きや手術の同意書、役所との手続きなどは、法律で定められた親族でなければできないため、急な病気で手術の判断を迫られるケースなどで判断が遅れて実の家族とトラブルになることがある」

 また、映画『後妻業の女』で大竹しのぶが演じた結婚詐欺師のように、女性が遺産目当てで近づいてくるケースも増えているため、子供たちの目は厳しい。山梨県の地主だという69歳男性がこう嘆く。

「クラブで歌っていた39歳のソプラノ歌手と親しくなったが、娘2人の猛反対にあって結婚を断念した。私が彼女の音楽活動を援助していたことを知ると、『私たちよりも若い金目当ての女と再婚したら、お父さんの墓は守らない』と言われ諦めざるを得なかった」

 いざ再婚できても、自分の死後、子供と後妻の間でトラブルになることもある。45歳の女性が振り返る。

「父はフィリピンパブで猛烈なアプローチをかけてきた30歳年下のフィリピン人女性に入れあげて、家族みんなの反対を押し切って再婚しました。ですが彼女は父が亡くなると葬式の手続きもそっちのけで、金目のものを全部持ち出して、サッサと帰国してしまった」

 再婚か事実婚かも含めて、相手女性との将来像をしっかりと描いておくことが大切なようだ。もちろんその前に、“後妻候補”を見つけることが先決だが──。

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
離婚経験女性の47%が再婚希望 老後の不安や経済的安定が理由
長谷川京子 背中がドーンと開いたドレス着て注目集める
男にとって結婚は余分な金がかかるだけ 離婚したほうが楽

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。