ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋はアクティブに楽しもう!11月の山口旅行おすすめ20選はココ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秋真っ最中、11月の山口でしかできない体験を満喫しよう!三方を海に囲まれた本州最西端の地、山口県。

壇ノ浦の戦いの舞台となった場所や、剣豪同士が死闘を繰り広げた島など、歴史に名を残すスポットが多く歴史好きにはたまらない旅行先!

歴史をヒモ解く山口旅行で、一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

唐戸市場

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_35201ga3550085356/photo/

ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

凄く良かったです。

市場なので色々有りましたが、自分はサザエやアワビが安くて新鮮で良かったと思います。

後、フクの揚げ物と寿司が有り美味しく頂きました。

寿司は、大トロや珍しい寿司が有りコレも又、美味しく頂きました。(本当に珍しい寿司です。)

店舗の中によく話し掛けて来る練り物やが有ります。

(カマボコや竹輪です。)

凄く安くして下さいました。良かったです。

めんたい竹輪最高に美味しかったです。

(行った時期:2016年9月)

山口旅行で水族館後のランチでいきました。とにかく活気があって、お寿司や海鮮丼、ふく汁や唐揚げがたくさんあって店によって値段やボリュームも違いました。あれだけ新鮮なネタを食べたのは久しぶりでした。

本当においしくてまた行きたいです!!

山口に行く際は必ず行くべきだと思います!!!

(行った時期:2016年9月) 唐戸市場

住所/山口県下関市唐戸町5-50

「唐戸市場」の詳細はこちら

いろり山賊

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000153343/photo/

幟(のぼり)をはためかせた重厚な民芸風の店。ここに来たら『山賊焼』(若鶏ブロイラーの炭火焼588円)と皇牛(すめらぎぎゅう)入り『山賊うどん』、握りこぶしより大きな『山賊むすび』を食べよう。契約農場で育てた自慢の皇牛は絶品。店頭販売の竹の皮に包んだ『山賊弁当』(1155円)も人気。どっしりした店構えとのぼりが目印

\口コミ ピックアップ/

入店前からドキドキワクワクする店構え。

店内に入ると異次元に来たような日常を忘れる空間が広がります。

やっぱり山賊焼きはおすすめで定期的に行ってます!

(行った時期:2015年5月)

ドライブコースにピッタリ。夜はライトアップがきれいで迫力があります。料理もおいしいです。週末は人が多くて待ち時間が多いかも。

(行った時期:2016年5月) いろり山賊

住所/山口県玖珂郡玖珂町一の迫1380-1

「いろり山賊」の詳細はこちら

瓦そばたかせ

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000135032/photo/

元祖ならではの瓦そばは全てにこだわった本格派。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)アツアツの瓦の上でいただく瓦そばを考案したのは、このお店の初代店主。京都の高級宇治茶を使った茶そばの上に牛肉、錦糸卵、海苔、レモン、もみじおろしがのり、さらに特製のタレで食べるこだわりの一品。他に、うなめしも人気。また食事をした人には別館の露天風呂が100円で利用できるサービスもある。

\口コミ ピックアップ/

瓦そばといえば「たかせ」ですね。

川棚温泉とセットで行く方も多いとおもいます。

雰囲気のいいお店で、おいしい瓦そばを頂けます。

畳のお部屋でゆっくりと食事できるので、家族連れにも最適ですね!

(行った時期:2015年4月)

ここのお蕎麦は、焼き具合と濃い目の漬け汁が最高です。焼き具合は、一部のお蕎麦がカリカリになり焦げる直前なるところが大好きです。土日祝は大変混み合うことが多いので平日に行くようにしています。

(行った時期:2016年5月) 瓦そばたかせ

住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437

「瓦そばたかせ」の詳細はこちら

角島大橋

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35201ae2192018664/photo/

平成12年度に開通した角島大橋は、離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の長さ(1780m)です。当地特有のエメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地となる実力は十分です。

\口コミ ピックアップ/

長い橋を車で渡ることができます。海の上を渡るので、とても楽しいです。潮目も見ることができます。

渡った先の島の駐車場には車を停めることができます。

晴れた日には景色がとてもきれいです。

(行った時期:2016年9月)

晴れた日に角島大橋をドライブすると本当に海が綺麗なブルーで外国にいるような気分になります。道も綺麗です。

(行った時期:2016年7月) 角島大橋

住所/山口県下関市豊北町

「角島大橋」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35201cc3320040593/photo/

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/

可愛いのはなんと言ってもスナメリです。2頭展示されていて、仲良く泳いでいます。1日3回バブルリングのショーがあります。仕草が可愛くて見ていて飽きません。下関らしくフグも多数展示されています。

(行った時期:2015年6月1日)

最近有名になりつつある海響館!フグが世界一多いんだそうです!イルカとアザラシのショーも面白いですよー!!ペンギンさんや亀さんの着ぐるみもあってたのしめます!魚とのふれあいコーナーもあります!

(行った時期:2013年8月) 下関市立しものせき水族館・海響館

住所/山口県下関市あるかぽーと6番1号

「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら

湯田温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35203cd2110077622/photo/

山陽路随一の湯量を誇る名湯として知られる温泉。アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。

起源は古く室町時代からの歴史を誇る温泉です。傷ついた白狐が温泉に足をひたして、その傷をいやしたと伝えられています。

\口コミ ピックアップ/

静かな温泉街です。

風情もあるし、旅館からの眺めも最高!

川にきれいなコイがたくさん泳いでいました。

(行った時期:2016年7月)

これぞ温泉街といった雰囲気です。

温泉街には足湯が各地に点在しており楽しいです。

地元の方も多くいらっしゃるのでお話も弾みます!

(行った時期:2016年5月) 湯田温泉

住所/山口県山口市湯田温泉

「湯田温泉」の詳細はこちら

関門海峡

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35201ab2050130581/photo/

下関市と北九州市門司区の間の幅約700mの海峡です。中世から近世へ、また近世から近代へ、日本の国が大きく変わるときには、いつもこの海峡が舞台となってきました。時代を動かす熱いエネルギー、それは1日に4度も流れを変える急潮がこの地に育てたのかもしれません。いまも日に大小約700隻の船が行き交い、風景を優しく彩る潮騒と汽笛の音は、環境庁選定「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

\口コミ ピックアップ/

橋梁の技術が進歩して、以前には考えられなかったような大きな橋のかかった海峡はあるかと思いますが、関門海峡の美しいたたずまいは、今もその技術の高さをしのばせます。

(行った時期:2016年7月)

どこまでも続く青い海と、行き交う船の光景が、感動的でした。車を走らせるときの爽快感は、気持ちよく幸せな気持ちになります。また、癒されに行きたいです★

(行った時期:2016年7月) 関門海峡

住所/山口県下関市豊前田町3丁目3

「関門海峡」の詳細はこちら

松陰神社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35204ag2130013660/photo/

維新の原動力となった吉田松陰を祀る神社で、明治40年(1907)伊藤博文らによって建立されました。境内に松下村塾や遺墨展示館・吉田松陰歴史館があります。

\口コミ ピックアップ/

松下村塾で松陰先生や、その教えを受けて日本の近代化の原動力となった人たちに思いを馳せて、松陰神社を参拝した。早朝で、参拝者もあまりいなかったこともあり、凛とした雰囲気が伝わってきた。

(行った時期:2016年7月)

幕末から明治に至る怒涛の歴史にご興味のある方なら、ここは外せません。

司馬遼太郎の「世に棲む日々」を読むのが一番手っ取り早く吉田松陰について学べる方法です。学問をするだけではなく、実践を伴わないといけないという持論を弟子たちに伝え、維新の原動力となります。

さて、ここには吉田松陰の開いた塾である松下村塾、生活した家が保存されています。神社としての営みとは別に吉田松陰について学ぶ場所でもあります。また、売店には銘酒「獺祭」などの山口県の名産品が揃っていて、萩名物の「夏みかん」などお買い得です。車で旅行している人なら気軽に寄れるスポットなので是非訪れてみてください。

(行った時期:2016年4月29日) 松陰神社

住所/山口県萩市椿東松本1537

「松陰神社」の詳細はこちら

秋吉台サファリランド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35461cc3310040133/photo/

動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園。かわいい動物たちとのふれあい広場もあります。

ジェットコースター、ゴーカートなどのある遊園地も併設しています。

\口コミ ピックアップ/

行くまでは割りと遠いですが着けばもう大人も子供も大はしゃぎ!

ライオンに餌をあげるところが私は1ばん好きです。

怖いんだけどあんなに近くで見ることもないしかっこいいんだけど可愛い!

あー飼いたいって毎回思いながら帰ってます

(行った時期:2016年7月)

えさやりバス、動物園、遊園地など一日中遊べます。きりんのえさやりができるところはなかなかないのではないかと思います。こどもたちも楽しそうでした。

(行った時期:2015年10月) 秋吉台サファリランド

住所/山口県美祢市美東町赤1212

「秋吉台サファリランド」の詳細はこちら

関門トンネル人道

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000135043/photo/

本州と九州を歩いて横断できる人道トンネル1958年に21年の年月をかけて完成した、下関と門司をつなぐ関門トンネル。エレベーターで地下約50mまで降りると約780mの人道トンネルがあり、歩いて約15分で本州と九州を行き来することができる。壁には海草や魚、天井には朝、昼、夕、夜の空が描かれていて、夜の空は星が光る演出がされている。

\口コミ ピックアップ/

下関から門司まで無料で歩いて渡れます。

ちょうどトンネルの途中に山口県と福岡県の県境があり、皆さん記念撮影していました。

(行った時期:2016年5月)

関門海峡を歩いて渡れる事を最近知って行ってみました。

九州と本州を無料で歩いて渡れるのでテンション上がります。

ジョギングしている方も見かけました。

(行った時期:2016年5月) 関門トンネル人道

住所/山口県下関市~福岡県北九州市

「関門トンネル人道」の詳細はこちら

海峡ゆめタワー

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000164676/photo/

海峡の街、下関の灯台をイメージしたシンボルタワーは高さ153m。西日本一の高さを誇る地上143m、最上階の展望室へはシースルーエレベーターで70秒!目の前に広がる眺めは、関門海峡、武蔵と小次郎が決闘した巌流島、北九州の連山、響灘、そして日本海と360度のパノラマが楽しめ、夜景もオススメ。景色を眺めながらステキな時間を過ごせる。また、恋人の聖地プロジェクトから山口県初の認定を受けた。縁結び神社が展望室にありおみくじが人気。29階には天空レストラン「BistroQTB+イリーカッフェ29」が平成18年12月にオープン。

\口コミ ピックアップ/

下関駅前から歩いて数分足らずでアクセス出来ます。お天気の良い日、陽射しも柔らかく本当に神秘的な景色に出会うことも出来ます。

(行った時期:2016年3月)

見晴らしが、とてもよかったです。昼と夜2回行きましたが、夜景が癒されました。

ライトアップカラ-が、毎日違うみたいです。

(行った時期:2015年11月2日) 海峡ゆめタワー

住所/山口県下関市豊前田町3-3-1

「海峡ゆめタワー」の詳細はこちら

防府天満宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35206ag2130013699/photo/

学問の神様としてあがめられている菅原道真を祀った「日本最初の天満宮」で、京都の北野天満宮,福岡の太宰府天満宮とともに日本の三天神といわれています。

菅公を崇敬した高杉晋作辞世の句があります。

正月の初詣、早春の梅まつり、11月には西日本屈指の荒祭りとして知られる御神幸祭(裸坊祭)など、1年を通じで多くの参拝者で賑わいます。

\口コミ ピックアップ/

私は昔から防府なのでよく利用しますが

なんといっても学問の神様!

受験シーズンには本当にお世話になりました

(行った時期:2016年1月)

日本で初めて菅原道真を祭った神社がこちら。高杉晋作の句碑もあるのでファンにはたまらないと思う。茶室で頂けるお抹茶がとても美味しかったです。

(行った時期:2015年5月) 防府天満宮

住所/山口県防府市松崎町14-1

「防府天満宮」の詳細はこちら

岩国城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35208af2120008938/photo/

慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。 現在の城は昭和37年に再建されたもので、桃山風南蛮造りの全国でも珍しい山城です。 四階の展望台からは、古い街並みや錦川に架かる錦帯橋、瀬戸内海に浮かぶ島々、遠くは四国の山並みを望むことが出来ます。

\口コミ ピックアップ/

岩国城には、今回初めて登ってみました。ロープウェイ駅からゆるい上り坂を歩きますが、木陰になっており、風通しもよく、苦にはなりませんでした。ちなみに、お城に向かって左側の、舗装された歩道のほうが、楽に登れます。天守閣からは錦帯橋はもちろんのこと、遠く瀬戸内海の島々までが見渡せて、まさしく絶景でした。ロープウェイ往復と岩国城入場券セットで800円でした。時間があれば錦帯橋周辺ばかりではなく、ぜひ岩国城にも登ってみることをお勧めします。

(行った時期:2010年6月9日)

少しきつい坂道を歩いて、お城までいきます。

お城からの景色が、とてもきれいで、岩国空港までみれました。錦帯橋を上から見れるのも魅力的です。

(行った時期:2014年8月) 岩国城

住所/山口県岩国市横山3丁目

「岩国城」の詳細はこちら

松下村塾

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35204ae2180021981/photo/

松陰神社の境内にある瓦ぶき平家建て8畳・10畳半の2室の家で、吉田松陰が安政3年(1857)から2年半の間、下級武士や庶民の子弟を教育した私塾。

高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新期に活躍した多くの人材がこの塾から輩出されました。

\口コミ ピックアップ/

吉田松陰が設立し、高杉晋作などを輩出した松下村塾。とても小さく古ぼけた建物ですが、ここから新しい日本の幕開けが始まったとおもったら、感慨深い場所でした。

(行った時期:2015年8月)

明治維新の獅子達が、ここで学び、

自分の命より大事な物のために、

国中を駆け巡って行ったんでしょうね。すごいですね。

(行った時期:2016年7月) 松下村塾

住所/山口県萩市椿東松本市1537

「松下村塾」の詳細はこちら

国宝瑠璃光寺五重塔

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35203ae2180021533/photo/

この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。

塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。

屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象です。

室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。

\口コミ ピックアップ/

あまりの美しさに言葉が出ませんでした。かわりに涙がでそうでした。

美しい姿を思い起こせば、今でも感動で胸がジンとします。

(行った時期:2014年11月25日)

池越しの五重塔の眺めはまさに絶景。紅葉の季節に行きましたが最高でした。うぐいす張りの石畳、大内公の銅像など見どころもたっぷりあり、素晴らしいスポットです。一見の価値あり。

(行った時期:2014年11月24日) 国宝瑠璃光寺五重塔

住所/山口県山口市香山町7-1

「国宝瑠璃光寺五重塔」の詳細はこちら

巖流島

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35201aj2200025332/photo/

関門海峡に浮かぶ面積10haほどの平坦な小島、巌流島。慶長17年(1612)4月13日、剣豪宮本武蔵と秘剣「燕返し」の佐々木小次郎が決闘したといわれています。正式名称は船島であるが、敗れた小次郎の流派名をとり巌流島と呼ばれています。

島内には宮本武蔵と佐々木小次郎の像をはじめ、浮桟橋や人工海浜、散策道などが整備され、唐戸桟橋から直行便も毎日就航して気軽に渡ることができます。

\口コミ ピックアップ/

武蔵と小次郎の決闘で有名な巌流島。無人島で本当の名前は船島と言うそうです。唐戸から船で行けます。決闘の像は迫力あり、記念撮影に最適です。

(行った時期:2016年4月)

巌流島。歴史好きで知らない人はいないでしょうね。山口に行ったらここは絶対に行くべきスポットでしょう。早朝、夕方が特にお勧め。絵になります。

(行った時期:2016年10月) 巖流島

住所/山口県下関市大字彦島字船島

「巖流島」の詳細はこちら

シロヘビ観覧施設

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000135002/photo/

国の天然記念物になっている「岩国のシロヘビ」の飼育、保護を目的に作られた資料館。岩国には約1000頭のシロヘビが生息しており、資料館では観賞用として約5頭が見られる。長さは180cm、光沢があり真っ白。目はルビーのように赤く、とても神秘的だ。シロヘビはここ以外ではめったに見られない。天然記念物のシロヘビが間近で見られるぞ!

\口コミ ピックアップ/

白蛇の博物館でした。本物の白蛇が5匹ぐらい飼われていました。白蛇について、詳しい展示物がたくさんあり、知らないことを色々と学べて良かったです。

(行った時期:2016年8月)

岩国市内の駅や施設の観光ポスターに白蛇の写真があり、何事かと興味を持ってました。実際に施設に行って実物を見て、その可愛さにギャップを感じました。

(行った時期:2014年12月) シロヘビ観覧施設

住所/山口県岩国市今津町6-4-2

「シロヘビ観覧施設」の詳細はこちら

美川ムーバレー

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35328cc3540060372/photo/

鉱山跡を利用したテーマパーク。旧坑内は、古代伝説の地・ムー大陸をイメージした神殿や神秘の湖など15のゾーンが迷路で結ばれていて、夏も涼しい。 屋外では砂金取り(30分700円・取り放題)も楽しめます。バーベキュー広場やレストラン、温泉、親水公園も隣接しています。

\口コミ ピックアップ/

大人だけでも楽しく探検出来、童心に戻れたし、普段運動不足の私には、いい運動にもなりました

(行った時期:2010年10月10日)

予想以上に作り込まれた(TDL並み)の地底世界!本物の鉱山跡である迫力とオカルトの融合、岩国に行ったら絶対立ち寄るべき!!

(行った時期:2016年9月) 美川ムーバレー

住所/山口県岩国市美川町根笠1564-1

「美川ムーバレー」の詳細はこちら

別府弁天池

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35462ab2030004648/photo/

カルスト地帯特有の湧水で摂氏14度と冷たく、コバルトブルーに染まった神秘と伝説の湧水池。

清冷な水は、日本名水百選に選定されています。

近くでニジマス釣りや料理が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

本当に水が青く透き通っており、美しいです。

駐車場の近くに飲料用水の蛇口があり、持ち帰ることができます。

とてもおいしい水です!

(行った時期:2016年8月15日)

別府弁天池の水はエメラルドグリーンのようにキレイで神秘的な印象でした。別府弁天池の水は日本名水百選にも選ばれており周辺には水の成分等が書かれた看板がありました。いつまでも眺めていたいくらいの透き通った水は透明感があり自然光が降りそそいでとても美しかったです。ペットボトルなどを片手に持って、キレイな水をくみに来ている観光客の方を多く見かけました。出入り口周辺には、水をくむ為の蛇口が設置されていました。

(行った時期:2014年9月21日) 別府弁天池

住所/山口県美祢市秋芳町別府

「別府弁天池」の詳細はこちら

住吉神社

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35201ag2130014906/photo/

現在の本殿は応安3年(1370)大内弘世の造進したもので、室町初期の社寺建築として特異な様式をもち、国宝に指定されている。また、拝殿は毛利元就が寄進したもので重要文化財。宝物館には多数の宝物が展示されている。

参拝自由。

\口コミ ピックアップ/

一の宮特有の歴史を背負った重厚感と威厳、観光スポット用にやたら整備された有名神社とは全く違います。

一の宮独特の華やかさと荘厳な雰囲気が感じられる神社だと思います。

(行った時期:2013年11月18日)

本殿は国宝に指定されているとても素晴らしい神社です。大阪の住吉大社、博多の住吉神社とともに日本三大住吉の一社なので一度は足を運んでみるといいです。清掃も行き届いていていつ行っても綺麗です。

(行った時期:2014年11月6日) 住吉神社

住所/山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1

「住吉神社」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

秋はアクティブに楽しもう!11月の広島旅行おすすめ20選はココ!
秋はアクティブに楽しもう!11月の三重旅行おすすめ20選はココ!
秋はアクティブに楽しもう!11月の愛知旅行おすすめ20選はココ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP