ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋に行きたい【山口】おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秋に行きたい【山口】おすすめ観光スポット20選!定番から穴場まで 170913_山口メイン

連休が続く秋は旅行にピッタリの季節!

9~11月と毎月3連休があるから、気軽に出かけられる国内がおすすめです。

自然が作り出した絶景や、壇ノ浦や巌流島、松陰神社など歴史ロマン好きにはたまらないスポットが多数。下関名産ふぐなど海産物がその場で食べられる唐戸市場、山賊焼や瓦そばなどご当地グルメスポットもピックアップ。

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、おもいっきり山口を楽しもう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

唐戸市場

唐戸市場出典:じゃらん 観光ガイド 唐戸市場

ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

寿司のバイキングというのは、ふぐやノドグロやマグロやあなごやうになど多くの寿司を一貫づつ販売していて、パックを渡され自分で好きな寿司を好きなだけ入れ精算するシステムで楽しく、かつ、寿司は美味しかったです。

(行った時期:2017年8月) 唐戸市場

住所/山口県下関市唐戸町5-50

「唐戸市場」の詳細はこちら

いろり山賊

いろり山賊出典:じゃらん 観光ガイド いろり山賊

\口コミ ピックアップ/

小さい頃から年に2回行っていますが、

今回も平日にも関わらず待ち時間は2時間、、、。

でも、店員さんは気さくな方が多い。

注文するのは、山賊焼き、むすび、餃子、うどんが定番です。

(行った時期:2017年8月24日) いろり山賊

住所/山口県玖珂郡玖珂町一の迫1380-1

「いろり山賊」の詳細はこちら

瓦そばたかせ

瓦そばたかせ出典:じゃらん 観光ガイド 瓦そばたかせ

\口コミ ピックアップ/

角島から下関に帰るときによりました。海岸沿いを曲がって5分くらいでつきます。そばとレモン薬味、そして牛肉どれをたべてもそばつゆとあって初めて食べる味のおいしさにびっくり!見た目とのギャップがいい。焼きそばでもざるそばでもなく香ばしい香りとレモンの酸味、そばつゆの甘み本当においしかった!うな飯もぜひたべてください。お茶づけにしてもそのままたべてもおいしかったですよ。

(行った時期:2017年8月) 瓦そばたかせ

住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437

「瓦そばたかせ」の詳細はこちら

角島大橋

角島大橋出典:じゃらん 観光ガイド 角島大橋

7年間の着工を経て、総工費149億円をかけて2000年11月3日に開通した、山口県下関市と豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる角島大橋。

離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路として日本屈指の長さ(1,780m)を誇り(2005年に沖縄県の古宇利大橋が記録更新)、

また、橋脚の高さを押さえて、周囲の景観に配慮した構造が自然景観保護の観点から評価され、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞しました。

エメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地として、山口県の新たな観光スポットに。

現在では数多くのテレビCMやロケ地として採用されています。

\口コミ ピックアップ/

海が、とても綺麗で、橋を渡ると、角島灯台やキャンプ場が、あり地元角島産のサザエやイカなどが、味わえます。ドライブするには、本当に良いところです

(行った時期:2017年8月28日) 角島大橋

住所/山口県下関市豊北町大字神田~角島

「角島大橋」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

下関市立しものせき水族館・海響館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/

ペンギンのトンネルが珍しい。真下からペンギンが泳ぐ姿が見れます。夏休み期間中には夜も開館していて、お昼に行くよりお安く入館できオススメです♪大晦日にはカウントダウンイベントもあり、水族館として楽しみつつ年越しできていつもと違った感覚で楽しめます。

(行った時期:2015年12月) 下関市立しものせき水族館・海響館

住所/山口県下関市あるかぽーと6番1号

「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら

湯田温泉

湯田温泉出典:じゃらん 観光ガイド 湯田温泉

山陽路随一の湯量を誇る名湯として知られる温泉。アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。

起源は古く室町時代からの歴史を誇る温泉です。傷ついた白狐が温泉に足をひたして、その傷をいやしたと伝えられています。

\口コミ ピックアップ/

チェックインの前に、まずは中原中也記念館を見学。非常に充実した記念館である。隣接するカフェでは、中也ラテとプリンがおすすめ。山口名物の外郎がついてくるのも 嬉しい。 チェックイン後は泉質の良い温泉を堪能。透明で軟らかいお湯は、何度も入りたくなる。今回は松田屋さんに宿泊したが、他にも歴史ある旅館やホテルが点在している。チェックアウト後は、ぜひとも瑠璃光寺五重塔など、大内文化、毛利氏にまつわる文化財、名所旧跡の観光を。

(行った時期:2017年8月) 湯田温泉

住所/山口県山口市湯田温泉

「湯田温泉」の詳細はこちら

関門海峡

関門海峡出典:じゃらん 観光ガイド 関門海峡

下関市と北九州市門司区の間の幅約700mの海峡です。中世から近世へ、また近世から近代へ、日本の国が大きく変わるときには、いつもこの海峡が舞台となってきました。時代を動かす熱いエネルギー、それは1日に4度も流れを変える急潮がこの地に育てたのかもしれません。いまも日に大小約700隻の船が行き交い、風景を優しく彩る潮騒と汽笛の音は、環境庁選定「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

\口コミ ピックアップ/

本州と九州の間にある関門海峡。その間を繋ぐ関門橋から見える景色はとても綺麗でした。近隣には、さまざまな飲食店や観光スポットもあり、1日楽しめる場所になっています!

(行った時期:2016年11月) 関門海峡

住所/山口県下関市

「関門海峡」の詳細はこちら

松陰神社

松陰神社出典:じゃらん 観光ガイド 松陰神社

維新の原動力となった吉田松陰を祀る神社で、明治40年(1907)伊藤博文らによって建立されました。境内に松下村塾や遺墨展示館・吉田松陰歴史館があります。

\口コミ ピックアップ/

幕末~維新には自信のない私ですが、百聞は一見に如かずとはこのこと!

とにかく感動します。これほど小さな街からあんなにたくさん偉人が出たのですからね。

レンタルサイクルをお勧めします。

(行った時期:2015年9月20日) 松陰神社

住所/山口県萩市椿東松本1537

「松陰神社」の詳細はこちら

秋吉台サファリランド

170913_秋吉台サファリランド出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台サファリランド

動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園。大迫力の猛獣を間近で見れる数少ないスポットです!

車から降りずに園内を見学できるので、雨が降っても、暑くても大丈夫!!

車からでも園内を見学することができますが、エサやりバスでの見学は、草食エリアやライオンエリアでのえさやり体験もできます。

自然の動物たちをじっくり見学した後は、併設の遊園地や売店でお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

サファリは車で入るので天候に左右されずに動物を近くで見れるのでとても良かったです。特に猛獣ゾーンはライオンなど迫力ありました。

(行った時期:2017年8月) 秋吉台サファリランド

住所/山口県美祢市美東町赤1212

「秋吉台サファリランド」の詳細はこちら

関門トンネル人道

170913_関門トンネル人道出典:じゃらん 観光ガイド 関門トンネル人道

1958年に21年の年月をかけて完成した、下関と門司をつなぐ関門トンネル。エレベーターで地下約50mまで降りると約780mの人道トンネルがあり、歩いて約15分で本州と九州を行き来することができる。壁には海草や魚、天井には朝、昼、夕、夜の空が描かれていて、夜の空は星が光る演出がされている。

本州と九州を歩いて横断できる人道トンネル

\口コミ ピックアップ/

一度は歩いてほしいです!私も旦那と行きました!福岡と山口の境界線で記念撮影もしました!出入口のあたりも海がきれいですよ

(行った時期:2017年6月) 関門トンネル人道

住所/山口県下関市~福岡県北九州市

「関門トンネル人道」の詳細はこちら

海峡ゆめタワー

海峡ゆめタワー出典:じゃらん 観光ガイド 海峡ゆめタワー

海峡の街、下関の灯台をイメージしたシンボルタワーは高さ153m。西日本一の高さを誇る地上143m、最上階の展望室へはシースルーエレベーターで70秒!目の前に広がる眺めは、関門海峡、武蔵と小次郎が決闘した巌流島、北九州の連山、響灘、そして日本海と360度のパノラマが楽しめ、夜景もオススメ。景色を眺めながらステキな時間を過ごせる。また、恋人の聖地プロジェクトから山口県初の認定を受けた。縁結び神社が展望室にありおみくじが人気。29階には天空レストラン「BistroQTB+イリーカッフェ29」が平成18年12月にオープン。

\口コミ ピックアップ/

曜日ごとやイベントがある時期によって、タワーの色が違うため、見るたびに変化が楽しめます☆ また、タワーの上からの景色は昼は市内や関門海峡などの景色が一望でき、夜は夜景を楽しめるため、カップルにも大変オススメです!

(行った時期:2016年12月) 海峡ゆめタワー

住所/山口県下関市豊前田町3-3-1

「海峡ゆめタワー」の詳細はこちら

防府天満宮

防府天満宮出典:じゃらん 観光ガイド 防府天満宮

学問の神様としてあがめられている菅原道真を祀った「日本最初の天満宮」で、京都の北野天満宮,福岡の太宰府天満宮とともに日本の三天神といわれています。

菅公を崇敬した高杉晋作辞世の句があります。

正月の初詣、早春の梅まつり、11月には西日本屈指の荒祭りとして知られる御神幸祭(裸坊祭)など、1年を通じで多くの参拝者で賑わいます。

\口コミ ピックアップ/

防府天満宮は、学問の神様、菅原道真公を祀った神社で、北野天満宮(京都)、太宰府天満宮(福岡)とともに、日本三天神で、日本で最初の天満宮だそうです。立派な神社でした。 【石段歩かずに参拝できる駐車場有】正面から参拝すると、長い石段がありますが、上部にも駐車場があります。小さなお子様やご年配の方、足腰の弱い方は、上部の駐車場を利用すると便利です。 【ビュースポット】春風楼(しゅんぷうろう)から、防府市内が一望できます。 【春風楼床下も是非】春風楼床下の組み物が凝っています。他では見られないような造りでした。 【神牛】楼門の右手にあります。参拝される方々神牛に触っておられました。身体の悪い部分を触るとご利益があると言われているそうです。 【像や石碑】毛利重就の像や野村望東尼の像、扶桑菅廟最初碑などがありました。華道家元四十五世、池坊専永さんが揮毫された石碑もあり興味深かったです。

(行った時期:2017年8月15日) 防府天満宮

住所/山口県防府市松崎町14-1

「防府天満宮」の詳細はこちら

岩国城

170913_岩国城出典:じゃらん 観光ガイド 岩国城

慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。 現在の城は昭和37年に再建されたもので、桃山風南蛮造りの全国でも珍しい山城です。 四階の展望台からは、古い街並みや錦川に架かる錦帯橋、瀬戸内海に浮かぶ島々、遠くは四国の山並みを望むことが出来ます。

\口コミ ピックアップ/

お盆に帰省したついでに、足を伸ばしてみました。

山城だけあって、眺めはとても良かったです。

途中の経路は2種類ありましたが、舗装された道の方が断然歩きやすかったです。

お城の中の展示も見やすくまとめられていました。

(行った時期:2017年8月12日) 岩国城

住所/山口県岩国市横山3丁目

「岩国城」の詳細はこちら

松下村塾

松下村塾出典:じゃらん 観光ガイド 松下村塾

松陰神社の境内にある瓦ぶき平家建て8畳・10畳半の2室の家で、吉田松陰が安政3年(1857)から2年半の間、下級武士や庶民の子弟を教育した私塾。

高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新期に活躍した多くの人材がこの塾から輩出されました。

2015年7月世界遺産登録決定(明治日本の産業革命遺産)

\口コミ ピックアップ/

歴史の教科書にも掲載あるあの有名な建物です。大きなものをイメージしていましたが、現物見ると意外とこじんまりとしています。ここから長州の数々の著名人を輩出していることを考えると、すごいなと感じます。

(行った時期:2017年7月) 松下村塾

住所/山口県萩市椿東松本市1537

「松下村塾」の詳細はこちら

国宝瑠璃光寺五重塔

国宝瑠璃光寺五重塔出典:じゃらん 観光ガイド 国宝瑠璃光寺五重塔

この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。

塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。

屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象です。

室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。

\口コミ ピックアップ/

地元の方の思いがあって現在地に残ったというボランティアの方の話でした。趣のある国宝の五重塔でした。ボランティアさんが熱心にいろいろな話をしてくれます。

(行った時期:2017年7月) 国宝瑠璃光寺五重塔

住所/山口県山口市香山町7-1

「国宝瑠璃光寺五重塔」の詳細はこちら

巖流島

巖流島出典:じゃらん 観光ガイド 巖流島

関門海峡に浮かぶ面積10haほどの平坦な小島、巌流島。慶長17年(1612)4月13日、剣豪宮本武蔵と秘剣「燕返し」の佐々木小次郎が決闘したといわれています。正式名称は船島であるが、敗れた小次郎の流派名をとり巌流島と呼ばれています。

島内には宮本武蔵と佐々木小次郎の像をはじめ、浮桟橋や人工海浜、散策道などが整備され、唐戸桟橋から直行便も毎日就航して気軽に渡ることができます。

\口コミ ピックアップ/

毎年ゴールデンウイークに開催される巌流島フェスティバルでは、アニソンの大御所アーティストが身近で堪能できます!

(行った時期:2016年5月) 巖流島

住所/山口県下関市大字彦島字船島

「巖流島」の詳細はこちら

シロヘビ観覧施設

シロヘビ観覧施設出典:じゃらん 観光ガイド シロヘビ観覧施設

国の天然記念物になっている「岩国のシロヘビ」の飼育、保護を目的に作られた資料館。岩国には約1000頭のシロヘビが生息しており、資料館では観賞用として約5頭が見られる。長さは180cm、光沢があり真っ白。目はルビーのように赤く、とても神秘的だ。シロヘビはここ以外ではめったに見られない。

天然記念物のシロヘビが間近で見られるぞ!

\口コミ ピックアップ/

平成28年3月にリニューアルオープンして初めて行って見ました。 岩国城へ上がるロープウェイ乗り場の横にあります。 館内はシロヘビの説明やシロヘビの生態が見れます。

(行った時期:2017年6月) シロヘビ観覧施設

住所/山口県岩国市今津町6-4-2

「シロヘビ観覧施設」の詳細はこちら

美川ムーバレー

美川ムーバレー出典:じゃらん 観光ガイド 美川ムーバレー

\口コミ ピックアップ/

洞窟を使用した巨大謎解きアトラクション施設です。

時期ごとにストーリーをかえて、飽きさせない工夫をしています。どの年代でも楽しく遊べるよう謎解きの難易度も選べます。

なによりすごいのは、洞窟の規模!かなり広く、一部素晴らしい景色も隠れていて、すごい施設がこんなところにあるもんだと思いました。

一つだけ、洞窟内は結構冷え込みますので、寒がりな人は、逆に夏場1枚上着を持っていると安心です。

(行った時期:2016年6月) 美川ムーバレー

住所/山口県岩国市美川町根笠1564-1

「美川ムーバレー」の詳細はこちら

別府弁天池

170913_別府弁天池出典:じゃらん 観光ガイド 別府弁天池

カルスト地帯特有の湧水で摂氏14度と冷たく、コバルトブルーに染まった神秘と伝説の湧水池。

清冷な水は、日本名水百選に選定されています。

近くでニジマス釣りや料理が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

晴れていても曇っていても青く輝く池。ずっと見ていたくなるくらいきれいです! 浅く見えていますが実際に行ってみると深いことがわかります! 下に行くと水を触ることができます。 近くに鮎釣りがあるのでそこで撮った鮎は持ちかえることもできるし近くにあるお食事処でさばいてもくれます!

(行った時期:2017年6月) 別府弁天池

住所/山口県美祢市秋芳町別府

「別府弁天池」の詳細はこちら

住吉神社

住吉神社出典:じゃらん 観光ガイド 住吉神社

現在の本殿は応安3年(1370)大内弘世の造進したもので、室町初期の社寺建築として特異な様式をもち、国宝に指定されている。また、拝殿は毛利元就が寄進したもので重要文化財。宝物館には多数の宝物が展示されている。

参拝自由。

\口コミ ピックアップ/

白い鳥居、天気のいい日でもあったので新緑と空気の気持ちよさ、空間の 澄んだ感じがマッチしてとても心地いい場所です。

(行った時期:2016年11月) 住吉神社

住所/山口県下関市一の宮住吉1丁目11-1

「住吉神社」の詳細はこちら

山口のことをもっと知りたい方はこちらもおすすめ!

~女子会旅行にオススメな山口の温泉巡りはこちら~

~絶対喜ばれる!山口県の人気お土産20選はこちら~

※この記事は2017年9月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

シーズン到来♪この秋おすすめ「ぶどう狩り農園」まとめ【山梨】
多彩なグルメを一気に満喫♪2017年ジャンル横断のグルメフェス7選【関西・中国】
2017年9月10月・三重の秋イベント決定版!大入道や忍者が登場!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。