ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋本番! 秋の味覚は体にも良いことがいっぱい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天高く馬肥える秋。店頭には秋の味覚やハロウィン商品がずらりと並んで、秋の到来を感じます。日本には四季があり、その季節ごとに旬の食材がありますが、秋の食材は特に香りの良いものや栄養の高いものが多いので満喫したいですね。そんな秋の味覚の栄養価について紹介します。

秋に美味しい食べものはこんなにたくさん

瑞々しい梨は9月から幸水や豊水が旬を迎え、これからは香りの高い西洋梨が並びますね。りんごでは香りが良く甘みの強い青りんごの王林、お菓子にも使いやすいジョナゴールド、歯触りが良く蜜が入りやすいふじなどが10月から旬を迎えます。フルーツコーナーでも良い香りを放っているぶどうは、9月から10月が旬。さんまは11月頃までが脂が乗って美味しく、秋サバと呼ばれるマサバは10月から、秋鮭やイクラは11月頃までが旬です。そば、かぼちゃ、サツマイモ、なす、きのこ類も今が旬。新米が並ぶのも秋。主食からデザートまで秋は美味しいものがたくさんですね。

秋の味覚は体も喜ぶものばかり

旬のものはその食材が一番美味しくて栄養価が高い時なので、ぜひ食べておきたいもの。特に栄養価が高いものをご紹介します。

●さんま

秋刀魚と書く秋の代表的な魚です。さんまのタンパク質は牛肉やチーズよりも優れているそうです。胃腸を温め疲労を取り除く効果があり、血液をサラサラにするEPAや脳に良いといわれるDHAが豊富に含まれています。

●サバ

秋サバは脂が乗って美味しいですが、この脂にもEPAがたっぷり。もちろんDHAも豊富です。サバのEPAには食欲抑制効果があるGLP-1が含まれており、痩せホルモンと言われ「サバ缶ダイエット」がブームになりました。

●きのこ類

松茸をはじめ、しめじ、舞茸、なめこ、えのきなども10月から11月が旬です。きのこ狩りに行くと、市販で菌床栽培されているものとは香りや歯ごたえが違うことに驚くでしょう。きのこは食物繊維が豊富で低カロリー。干せばカルシウムの吸収を助けるビタミンDがぐっと増えます。舞茸にはビタミンB2も含まれるので肌荒れ防止に。疲労回復にはビタミンB1が多く含まれるえのきを。きのこご飯やきのこ汁でたっぷり食べてくださいね。

●かぼちゃ

収穫期は9月頃までですが、デンプンが糖化して甘くホクホクになるのは9月から12月頃。体内でビタミンAに変換されるβカロテンが豊富で、免疫力向上、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持の働きがあります。

秋の食材には夏の疲れを取り、冬に備えるための栄養が豊富に含まれています。香りも味も良いものが多いので、ぜひおかずに摂り入れてみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP